最新記事

BOOKS

メンタリストDaiGoがなぜかオススメした1冊のアイデア本

2019年9月20日(金)17時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

AndreyPopov-iStock.

<「持ってるだけで【モテる】アイテム」と題したYouTube動画で、約80年前に書かれた本をDaiGo氏が紹介した理由>

人の心を読んでいるかのような驚きのパフォーマンスで、テレビでもお馴染みのメンタリストDaiGo氏。作家として多くの著書も出版しているが、実はユーチューバーでもある。それも、チャンネル登録者が156万人(2019年9月20日時点)もいる人気のユーチューバーだ。

そんな彼が6月、「持ってるだけで【モテる】アイテム」と題した動画を配信し、その中でフランスのブルターニュ南大学で行われた1つの心理学実験を紹介した。

男子学生たちを使った実験で、ギターケースを持って女性をナンパする、スポーツバッグを持ってナンパする、何も持たないでナンパするという3パターンのうち、成功した(=電話番号を聞き出した)確率が高かったのは誰か、というもの。DaiGo氏によれば、スポーツバッグの成功率が9%で、ギターケースは14%だったという。

この差を生んだのは何か。DaiGo氏が言うように、バンドマンやアーティストが女性にモテるのはなぜだろうと不思議に思ったことがある人は少なくないだろうが、理由はまさにそれ。「ギターケースは創造性の証しだから」と、彼は説明する。

自然界では創造性(クリエイティビティ)が生き残るために必要な能力だから、女性は本能的にクリエイティブな男性に対して魅力を感じやすい、というのだ。

ここで、じゃあ皆さんバンドを始めましょう、なんて無茶なことを言わないのが、自らのフォロワーをよく理解しているDaiGo氏のすごさだ。それよりも、本を読んでアイデアの出し方を鍛え、クリエイティブな人間になればいいと彼は言う。

「今日、最高にオススメの本を1冊紹介します。30分くらいで読めます。30分で読めるのに、皆さんの人生を変えるくらいの、アイデアに関する本。僕もこの本、めちゃめちゃ読みましたけど、何回も読めば読むほど、アイデアが出てくるという面白い本。すんごい薄くて、本が苦手な人でも読めちゃうくらいの本です」

それが『アイデアのつくり方』(CCCメディアハウス)だ。

時代が変わっても古びない、発想術のエッセンスを凝縮させた本

まさか2019年に遠く離れた東洋の国で、モテるために役立つ本と紹介されるなどと、著者は想像もつかなかっただろう。なんとこの本、アメリカで80年近く前に書かれた発想術の本なのだ。

著者は、アメリカ最大の広告代理店トンプソン社の常任最高顧問だった故ジェームス・W・ヤング氏。アメリカ広告代理業協会(4A)の会長などを歴任し、広告審議会(AC)を設立した人物で、原書の初版が刊行されたのは1940年だ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

コロナ関連の解雇・雇い止め、23日現在で6万043

ビジネス

三井住友信託、株主総会議決権の未集計票は975社 

ビジネス

ANAとJAL、中国・広州線など一部再開 ビジネス

ワールド

中国の脱炭素化、今世紀の気温上昇0.3度抑制も=研

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 4

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 5

    シンガポール、新型コロナ死亡率が0.05%と世界最少…

  • 6

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 7

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 8

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 9

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 10

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月