最新記事

コミュニケーション

人がSNS中毒になる理由は「反応の遅さ」と「ギャンブル的要素」

2019年8月10日(土)11時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Milatas-iStock.

<「居場所」であるはずのSNSに、なぜ人は依存してしまうのか。コミュニケーション術の専門家が教える「居心地のよい居場所」のつくり方>

生きていくためには、人間関係で悩む必要がない、居心地のよい居場所が必要だ。それはリアルな場であろうがSNSであろうが関係ない。そして、そんな居場所を確保するためのコミュニケーション方法は「インプロ」を通して学ぶことができる――。

そう主張するのが、『自分の居場所はどこにある?――SNSでもリアルでも「最高のつながり」の作り方』(CCCメディアハウス)の著者、渡辺龍太氏だ。インプロとは、即興演劇がベースになったコミュニケーション術を指す。

人はなぜ、SNS中毒になってしまうのか。SNSに「居場所」を求めたはずなのに、なぜネットでのコミュニケーションに疲れてしまうのか。

ここでは『自分の居場所はどこにある?』からSNSでの居場所づくりのコツを一部抜粋し、2回に分けて掲載する。

2回目となる今回は、SNSを居場所にするためにどんなことを発信すればいいか、どんなことを発信すべきでないか、そして「依存」しないために何に注意すべきかについて。

※第1回:「正義感」と「偽物の人」に注意! SNSを居心地のよい場にする方法

◇ ◇ ◇

人のためになる発信をする

では、SNSを居場所とするために、具体的にどんなことを発信したらよいのかというと、人が読んで役に立つ情報です。SNSの利用に長けている人は、明快な自分のキャラクターを構築し、フォロワーがどんな人であるかを分析した上で、彼らが求めているような情報を定期的に発信していきます。

しかし、普通はそんなことは考えないので、そう簡単にはできません。そもそもSNSをビジネスで利用するのではなく、居場所をつくりたいという動機だけであれば、そこまでする必要もありません。それでもSNSを居場所としたいという人には、日常的な事柄や愚痴を、人が読んでためになる情報に変換して発信することをおススメします。

たとえば、「今日は、奮発しました!」という一言とともに高級肉を食べている自撮り写真を投稿していても、単に「いいな〜」と思われるか、逆に「自慢してて痛い人だな」と思われるくらいです。

しかし、「〇〇牛というのが、本当に美味しいと聞いたので、その専門店で、ついにお肉にありつけました。美味しいです! 〇〇牛は高いといっても、他の超有名なお肉よりは安いですし、お肉好きな人は一度は試したほうがよいですよ!! 」と書き込んだら、それが仮に自慢であったとしても印象は大きく変わります。それは少なくとも、お肉好きにとっては参考になって役に立つ情報を発信しているからです。読み手にとってアイデアを出されたり、読み物として面白くなければ、日記や愚痴はそれ以上にも以下にもなりません。

インプロでは、他人に対して自分のアイデアをぶつけることを『オファー(提案)』と言います。SNSで見ている人が役に立つ情報を「どう思いますか?」というかたちで提案するというイメージです。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

  • 3

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗を守ろうと武装市民が警護

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 9

    「中国、台湾との再統一に向け軍事手段も必要」人民解…

  • 10

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月