最新記事

トレーニング

瞑想とランニング、共通点は「呼吸がカギを握る」こと

2018年12月25日(火)18時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

lzf-iStock.

<瞑想は心のトレーニング、ランニングは体のトレーニング。同じではないが、共通点はいくつもある。「サブスリー」ランナーでもあるチベット仏教の高僧が語る、2つの活動の知られざる関係性>

グーグルやインテル、フェイスブックといった最先端企業も採用していることで知られる「マインドフルネス」という瞑想法が世界的なムーブメントになっている。瞑想は今や宗教を超え、日常的活動として広く浸透した。

反面、日本で瞑想を日々の習慣にしているという人は、さほど多くないのではないだろうか。坐禅との違いも分かりにくい。瞑想を、スピリチュアルなものや、何か特別なものだと思っている人も多いかもしれない。

だが、著名なチベット仏教の高僧によれば、ストレスに満ちた現代社会を生き抜き、さらに自らを成長させるために、瞑想は大切な「心のトレーニング」だという。そして、瞑想と対を成す「体のトレーニング」がランニングなのだ、と高僧は語る。

『限界を乗り超える最強の心身――チベット高僧が教える瞑想とランニング』(サキョン・ミパム著、松丸さとみ訳、CCCメディアハウス)は、瞑想とランニングという一見かけ離れた2つの活動が持つ知られざる関係性を、高僧でありランナーである著者が解き明かした一冊だ。

多くの人は体の健康に気を遣うが、その体を動かすのは心

著者のサキョン・ミパム氏は、チベットで特に崇敬されている歴史上の名僧の生まれ変わりとされている人物で、世界的な規模を誇る瞑想センターの指導者でもある。彼の父が設立したこのセンターが、欧米に仏教の概念と瞑想を広く普及させたと言われている。

また同時に、ミパム氏はこれまでに9つのフルマラソンを完走したランナーである。自己ベストタイムは3時間5分と「サブスリー」(3時間を切ること)まであと一歩のところまで迫っており、市民ランナーとしてはトップレベルだ。

とはいえ、速く走りたければ瞑想をすればいいというわけではないし、ランニングが瞑想の代わりになるわけでもない。ランナーであれば、長時間走っているうちに頭が真っ白になって、まるで瞑想をしているようだと感じる経験があるかもしれない。しかしそれは瞑想ではない。

著者も指摘しているように、「ランニングはランニングであり、瞑想は瞑想」だ。

多くの人は体の健康に気を遣うが、その体を動かしているのは「ボス」である心だ、と著者は言う。ランニングによって体を鍛えられるのと同様に、瞑想によって心を鍛えることができる。ランニングと瞑想の両方を習慣とすることで、心と体をバランスよく鍛えるべきである、というのが著者の主張だ。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月