最新記事

投資の基礎知識

つみたてNISAから見えてくる、投資とコストの甘くない関係

2018年7月9日(月)18時15分
株の窓口

bob_bosewell-iStock.

<NISAとつみたてNISAはどう違うか。つみたてNISAならではの利点と注意点は何か。そして投資初心者でない人も、つみたてNISAから得られる気づきとは>

2014年から始まった「NISA」と、今年からスタートした「つみたてNISA」。もう利用していますか? ベテランの投資家ならば自分には必要ないと思っているかもしれませんが、株初心者向けだからこその魅力があるだけでなく、そこから投資のある重要な気づきを得ることもできます。

従来のNISAを比較しながら、つみたてNISAならではの利点と注意点を見ていきましょう。

NISAとの共通点・相違点

NISAとは「少額投資非課税制度」のことで、若い世代など初心者の人が株を始めやすいようにと、一定の金額までを非課税にする制度です。さらに、少額で長期の運用を支援しようということで始まったのが、つみたてNISAです。

(参考記事)これで納得! 5分でわかるNISAのメリット・デメリット

どちらの場合も税金20%がゼロになる

どちらも最大の特徴は、もちろん「運用益が非課税」という点でしょう。運用益とは、株式や投資信託を買ったり売ったりすることで得られる利益です(配当も含む)。要するに、「儲けた分に税金はかかりませんよ」という、なんとも魅力的な制度なのです。

通常、株式や投資信託を運用して得た利益にかかる税金は20.315%です(所得税15.315%+住民税5%)。結構取られるなぁ〜と思った方も多いのではないでしょうか?

ある投資信託を10万円で買って、それが12万円になった時点で売却すると、2万円の利益になります(売却手数料はないものとします)。通常であれば、ここから税金が差し引かれて、手元に残るのは1万5937円ですが、NISAやつみたてNISAを利用していれば、まるまる2万円が手に入ります。

枠は小さいが期間が長い「つみたてNISA」

ただし、NISAの場合なら年間120万円、つみたてNISAでは年間40万円という非課税投資枠が設けられています。これは、1年間に新規で購入できる金額であって、非課税となる利益の額ではありません。また、途中で売却したとしても、投資枠は増えません。

つみたてNISAでは、NISAの3分の1しか投資枠がないわけですが、その代わり、非課税期間が長いのが特徴です。NISAの5年間に対して、つみたてNISAは20年間。今年つみたてNISAを利用して投資信託を40万円で買えば、そこから得られる利益は今後20年にわたって非課税、ということです。

年間の非課税投資枠と非課税期間をかけた最大非課税金額を比べると、NISAは600万円(年間120万円×5年)ですが、つみたてNISAなら800万円(年間40万円×20年)で200万円も多くなります。

ニュース速報

ワールド

英EU離脱交渉「行き詰まる」、メイ首相が発言 ポン

ビジネス

焦点:米が日本の自動車輸出削減・現地生産拡大を非公

ワールド

米政府、中国軍の兵器管理部門を制裁対象に 対ロ制裁

ビジネス

インタビュー:米自動車関税や数量規制が最大の課題=

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 2

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で分かった「死」

  • 3

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 4

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 5

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 6

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 7

    どの抗生物質も効かない......「スーパーバグ」が世…

  • 8

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

  • 9

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 10

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 1

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 2

    危険な熱帯低気圧、世界で9個同時発生:洋上に並ぶ姿をとらえた衛星写真

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 3

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9億ドル

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    良かれと思ったレイプ防止策、逆に女性への攻撃性を…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月