最新記事

投資の基礎知識

株式か投資信託か──自分に向いている資産運用を見極めるには?

2018年6月30日(土)15時00分
岡田 禎子 ※株の窓口より転載

投資の神様ウォーレン・バフェットが推奨するのは株式による集中投資だが、分散投資が向いている人もいる Rick Wilking-REUTERS

<ウォーレン・バフェット流の株式を買う集中投資か、ベンジャミン・グレアム流の投資信託による分散投資か。それぞれの特徴をよく知り、どちらが向いているかを考えるべきだ>

株式投資を始める際にまず悩むのが、自分で株式を買うか、それとも投資信託がいいのか、ではないでしょうか。

投資の神様ウォーレン・バフェットは株式による集中投資を推奨していますが、一方で、資産運用は投資信託による分散投資が基本だと言う専門家もいて、「いったい自分はどちらが向いているのかわからない!」と悩んでしまい、最初の一歩を踏み出せないものです。

そこで今回は、株式と投資信託との違いや、それぞれの特徴、留意点などを解説しながら、「あなたにはどちらに向いているのか」をさまざまな角度から考えてみましょう。

いまさら聞けない「株式」「投資信託」の違い

通常の株式投資は、企業が発行する株式をみずから売買します。自分で銘柄を選び、自分で売買のタイミングを決めて注文する必要があります。

それに対して投資信託では、複数の投資家から集められた資金を、ひとつの大きなお金(ファンド)にまとめて、資産運用担当者が株式や債券などに分散投資して運用し、その成果を、それぞれの投資家に投資額の割合に応じて還元する仕組みの金融商品です。

要するに、「運用・管理をすべて任せるかどうか」が株式と投資信託の最大の違いです。

kabumado180630-chart1.png

【株式のメリット】

・値上がり益を狙える
・配当金を得られる
・株主優待を得られる......など

個人で取引する場合のコストは、売買する際にかかる手数料だけです。その代わり、銘柄選びや売買のタイミングなどすべてを自分で判断しなければいけないため、ある程度の知識と経験を身につけるための「授業料」が必要になる、と言えるでしょう。

【投資信託のメリット】

・少額から投資できる(積立なら100円〜)
・さまざまな資産に分散投資し、リスクを軽減することが可能
・個人では投資しにくい国や地域、資産に投資できる......など

運用を任せられることが投資信託の最大のメリットですが、それゆえ、信託報酬などのコストがかかります。また、お任せとはいえ、投資信託に元本保証はなく、価格変動によって損失が出るといったリスクはあります(自分で売買する場合のリスクは、言うまでもありません)。

集中投資か分散投資か、それが問題

バフェット流なら株式を

個人で株式を売買する場合、基本的には集中投資になります。

集中投資とは、銘柄を絞って集中的に投資をすることです。選び抜いた銘柄に資金を投じ、売却したときの株価が買値より高ければ、大きな利益が期待できます。一方、株価が買値より下がれば大きな損失を抱えることになります(空売りの場合は逆)。

このように集中投資はハイリターン・ハイリスクですが、投資の神様ウォーレン・バフェットは、集中投資で莫大な富を築きました。また、アメリカの伝説的なファンドマネジャーであるピーター・リンチも「個人投資家なら5銘柄程度に投資をすべきだ」と集中投資を勧めています。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米のコロナワクチン、国内需要満たした上で世界に供給

ワールド

米厚生長官、台湾総統と会談 トランプ氏の「強い支持

ワールド

インド、一部製品の国内生産奨励 中国念頭にシェア拡

ワールド

ベラルーシ大統領選、現職ルカシェンコ氏圧勝へ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 3

    脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

  • 4

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 7

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 8

    レバノン爆発、爆弾などの「外部介入の可能性も」=ア…

  • 9

    米財務省、香港の林鄭月娥行政長官ら11人に制裁 自…

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 8

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月