最新記事

トレーニング

いま明かされる、ジム通い不要な「囚人トレーニング法」誕生秘話

2017年10月6日(金)17時12分
ジェフ・コーワン

出所後に人生を変えた

刑期を終えて出所すると、試練を乗り越えたウェイドは別人になっていた。

犯罪者の生活に戻るつもりはなく、アメリカを離れ、ロンドン郊外に移り住んだ。そこで刑務所での経験を、他のどの自重トレーニング・プログラムとも異なるフィットネスの形にまとめて、「ポール・ウェイドの囚人コンディショニング・プログラム」として発表した。

このプログラムを基に、ウェイドは本を2冊出版した。1冊目は『Convict Conditioning: How to Bust Free of All Weakness--Using the Lost Secrets of Supreme Survival Strength』(邦訳『プリズナートレーニング』山田雅久訳、CCCメディアハウス)、2冊目は『Convict Conditioning 2: Advanced Prison Training Tactics for Muscle Gain, Fat Loss, and Bulletproof Joints』(邦訳未刊)だ。

自重トレーニングの達人アル・カバルドとタッグを組み、安全にゆっくりと筋力を鍛えていくことを目的とした漸進的トレーニングを基に、高度な筋トレの手法を開発した。ウェイドはさらに3冊目の本に取り掛かっており、BreakingMuscle.comというサイトでは看板コーチを務めている。

今でもサバイバル・モード

ウェイドは出所後、もうドラッグの密売人には戻らないと誓った。何と言っても獄中では、自分の人生をどう変えるべきかを考える時間がたっぷりあった。密売人や常習者になって刑務所に戻るのではなく、自分の一生を、他の人たちが自身の肉体を使って最高の筋力を鍛えられるよう手助けすることに捧げることにした。

ウェイドが師匠から教わった知恵を人々に伝えていくなかで、こうした彼の遍歴はファンたちの支持を集めるようになった。

それでもウェイドは、いまだに"サバイバル・モード"にある。「ポール・ウェイドの囚人コンディショニング・プログラム」でフィットネス界のレジェンドとなった今でもだ。刑務所で過ごした日々と同じように、低姿勢を保ち、注目を集めないようにしている。

素顔を晒さず表に出てこないからといって、彼を責めることはできない。ウェイドは20年以上もの間、生き残るためにこの方法を貫いてきたのだ。『プリズナートレーニング――圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ』に掲載された写真でモデルを務めた人物が、ウェイドを擁護すべく、次のように述べている。

「私は直接ポールに会ったことはないが、彼が実在の人物ではないと言われたら驚く。彼とは、数えきれないほどメールで何度もやり取りをした」

ちなみに、このモデルの男性も只者ではない。彼がポール・ウェイドのトレーニング原理に基づいて、9秒間の片手逆立ちを行っている姿を、以下の動画でご覧いただきたい。

ニュース速報

ワールド

NZ、コロナ感染疑い例が新たに4人 行動制限巡り1

ビジネス

メキシコへの外国観光客、上半期は前年比41%減 新

ビジネス

キャセイ航空、上半期赤字は12.7億ドルで過去最大

ワールド

豪ビクトリア州、新型コロナ死者が過去最多 新規感染

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月