最新記事

キャリア

リーダー層も苦手......日本の英語力不足はもはや「国難」だ

2018.03.21
キャリア

オフはとにかく休みたい、会話は仕事の話ばかり、という日本人

2018.03.20
キャリア

社会に出たら学ばない──日本人の能力開発は世界最低レベル

2018.03.19
対談

学生はバイトするな、お金のために時間を犠牲にするな【箕輪×正田】

2018.02.21
対談

日本の若者がシリアルアントレプレナーを目指すべき理由【箕輪×正田】

2018.02.20
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

スタンフォード大学ビジネススクール、AI時代にそなえデータ分析を必須科目に

この記事はAI新聞からの転載です AIが進化すれば社会が大きく変化するのは間違いない。その社会変化を前にして教育はどう変化すべきなのだろうか

2018.01.30
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

長く生き残る秘訣は自然界でもビジネスでも同じ/underpin(根拠になる)

【今週のTED Talk動画】 How to build a business that lasts 100 years https://w

2018.01.25
キャリア

仕事も投資も「アセットアロケーション」でほとんど決まる!

2017.09.27
キャリア

AI時代に「超高収入」ファイナンスの専門職は生き残れるか

2017.09.26
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

良いリーダーはどんな行動をとっているか/consumed by(で頭がいっぱいになる)

【今週のTED Talk動画】 What it takes to be a great leader https://www.ted.co

2017.07.18
キャリアアップ特集

新形式TOEIC対策の要は、テクニックに頼らない基礎力の底上げ

2017.06.14
キャリアアップ特集

「折れない心」を持っている人には、信頼できる人間関係がある

2017.05.22
キャリアアップ特集

会社での前途を分ける、「影響力のある人」の見極め方

2017.05.22
キャリアアップ特集

新生TOEICで試される、英語コミュニケーションの実力

2017.05.15
キャリアアップ特集

オンライン英会話のレアジョブが進める、従来型スクールとのサービス融合

2017.03.29
キャリアアップ特集

最新ビジネス英会話に求められる、ロジカルスピーキングと「おもてなし」

2017.03.14
ビジネス体系教室

AIには到達できないビジネス力の磨き方を学ぶ!?

ビジネス・ブレークスルー大学院(MBA)が提供するe-Learnig教材「ビジネス体系教室」 

2017.02.24PR
キャリアアップ特集

早稲田大学ビジネススクールの魅力は、多様性の中でグローバルな経験を積める環境

2017.02.20
キャリアアップ特集

MBAのトレンドは海外留学から国内ビジネススクールへ

2017.02.07
キャリア

「使えるファイナンス」をもつ人材が日本に足りない

2017.01.30

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 2

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 3

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

  • 4

    自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種…

  • 5

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 6

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 7

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 8

    NBA騒動に学ぶ「かんしゃく国家」中国との付き合い方

  • 9

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 7

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 8

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 9

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 10

    勉強熱心な韓国市民の愛読書はニッポン本

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE-

  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2017年9月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月