最新記事

キャリア

リーダー層も苦手......日本の英語力不足はもはや「国難」だ

2018.03.21
キャリア

オフはとにかく休みたい、会話は仕事の話ばかり、という日本人

2018.03.20
キャリア

社会に出たら学ばない──日本人の能力開発は世界最低レベル

2018.03.19
対談

学生はバイトするな、お金のために時間を犠牲にするな【箕輪×正田】

2018.02.21
対談

日本の若者がシリアルアントレプレナーを目指すべき理由【箕輪×正田】

2018.02.20
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

スタンフォード大学ビジネススクール、AI時代にそなえデータ分析を必須科目に

この記事はAI新聞からの転載です AIが進化すれば社会が大きく変化するのは間違いない。その社会変化を前にして教育はどう変化すべきなのだろうか

2018.01.30
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

長く生き残る秘訣は自然界でもビジネスでも同じ/underpin(根拠になる)

【今週のTED Talk動画】 How to build a business that lasts 100 years https://w

2018.01.25
キャリア

仕事も投資も「アセットアロケーション」でほとんど決まる!

2017.09.27
キャリア

AI時代に「超高収入」ファイナンスの専門職は生き残れるか

2017.09.26
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

良いリーダーはどんな行動をとっているか/consumed by(で頭がいっぱいになる)

【今週のTED Talk動画】 What it takes to be a great leader https://www.ted.co

2017.07.18
キャリアアップ特集

新形式TOEIC対策の要は、テクニックに頼らない基礎力の底上げ

2017.06.14
キャリアアップ特集

「折れない心」を持っている人には、信頼できる人間関係がある

2017.05.22
キャリアアップ特集

会社での前途を分ける、「影響力のある人」の見極め方

2017.05.22
キャリアアップ特集

新生TOEICで試される、英語コミュニケーションの実力

2017.05.15
キャリアアップ特集

オンライン英会話のレアジョブが進める、従来型スクールとのサービス融合

2017.03.29
キャリアアップ特集

最新ビジネス英会話に求められる、ロジカルスピーキングと「おもてなし」

2017.03.14
ビジネス体系教室

AIには到達できないビジネス力の磨き方を学ぶ!?

ビジネス・ブレークスルー大学院(MBA)が提供するe-Learnig教材「ビジネス体系教室」 

2017.02.24PR
キャリアアップ特集

早稲田大学ビジネススクールの魅力は、多様性の中でグローバルな経験を積める環境

2017.02.20
キャリアアップ特集

MBAのトレンドは海外留学から国内ビジネススクールへ

2017.02.07
キャリア

「使えるファイナンス」をもつ人材が日本に足りない

2017.01.30

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE-

  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2017年9月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月