最新記事
ファッション

美女モデルの人魚姫風「貝殻ドレス」、お腹の部分にとんでもないものが...「残酷」「恥を知れ」と炎上

Dress Made With Live Fish Sparks Backlash Online: 'Shameful'

2023年10月13日(金)19時45分
ロビン・ホワイト
水槽に入った魚

@ohsopretty_makeover/Instagram

<モデルが人魚姫のようなドレスをまとう動画に対して、「動物を飾りとして利用する恥ずべきドレス」と批判コメントが殺到>


女性モデルが、風変わりなドレスを着る様子を収めた動画がSNSに投稿され、大きな注目を集めている。問題となっているのは、インスタグラムに投稿された1本の動画。この動画には、上半身に貝殻、下半身にうろこの飾りがついた「人魚姫」のようなドレスをまとったモデルが映っている。人々を驚かせたのは、ドレスのお腹の部分に「水槽」がついており、そこに生きた魚たちが入れられていたことだった。

■【動画】美しい女性モデルがまとった「人魚姫」風ドレス...お腹の部分の「水槽」に批判殺到

動画には、ドレスの着想の源として「マーメイド(人魚)」という説明が添えられている。動画は誰かがドレスの水槽に水と生きた魚を注ぎ込むシーンで始まり、その後、魚が水槽の中を泳ぎ回る様子をアップで捉えた映像、さらにはモデルがカメラに向かってポーズを取る様子を捉えた映像が続く。

動画はインスタグラムで大きな注目を集めたが、全ての人がこの独創的なデザインを気に入った訳ではなかった。反発もかなり大きく、このドレスのデザインは「魚の虐待」にあたると主張する声も多く寄せられた。「残酷で愚かだ! 罪のない動物を虐待するだけなら、このリメイクには何の意味もない!#最低#恥知らず」といった具体だ。

「生き物をファッションに利用するな」

別のユーザーは次のようにコメントした。「あなたの才能と創造力には敬意を表する。でもあなたは、その魚が生きていて感覚を持っていることを忘れている。動物を、魚を、感覚を持つ生き物をそんな風に使ってはならない。窒息させてしまうから。悪気はないのだろうけど、やめて欲しい。これは残酷で、間違っていて、不当で悪いことだから」

「水槽ドレス」にはほかにも、「動物に構うな」「何にでも動物を使うのをやめろ」「そんな小さな空間にそんなにたくさんの魚を入れちゃ駄目。彼らにはちゃんとした酸素が必要だ」「ほかの生き物に迷惑をかけるな」「動物を楽しみやファッションに利用しないで。あなたの所有物じゃない。嫌がらせはやめるべき」といったコメントが寄せられた。

一方で、デザイナーを擁護する声も幾つかあった。「調査によれば、60%の人が魚や鶏肉などの肉類を食べているのに、ここで魚の安全性を問うなんておかしくない?」「みんな魚が死んじゃうって言うけど、みんなだって魚を食べているでしょ」といった具合だ。

あるユーザーは、ドレスのデザインは素晴らしいが、それでも動物を使うのは間違っているとして、次のようにコメントした。「デザイナーの才能が評価されていないと不満を言う人に言いたい。確かにこのドレスはとても可愛い。問題は魚が(意図的に)残酷に扱われていること。これは本当に間違っているし、だから大勢の人が失望を表明している(それは妥当な反応だと思う)」


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ECBの利下げ「まもなく開始する」=ポルトガル中銀

ビジネス

中国深セン市、住宅の頭金比率引き下げ 広州市に続き

ビジネス

ECB、経済予測発表の理事会で段階的に利下げへ=オ

ビジネス

米住宅価格指数、3月は前年比6.7%上昇 前月比で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 2

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏最新インタビュー

  • 3

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧州はロシア離れで対中輸出も採算割れと米シンクタンク

  • 4

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲー…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 6

    コンテナ船の衝突と橋の崩落から2カ月、米ボルティモ…

  • 7

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 8

    TikTokやXでも拡散、テレビ局アカウントも...軍事演…

  • 9

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 10

    メキシコに巨大な「緑の渦」が出現、その正体は?

  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 9

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 4

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 8

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 9

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 10

    どの顔が好き? 「パートナーに求める性格」が分かる…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中