最新記事

セレブ

胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフト、友人の結婚式で「白ドレス」姿を披露して非難殺到

Taylor Swift's Dress She Wore to Margaret Qualley's Wedding Sparks Uproar

2023年8月26日(土)19時24分
シャノン・パワー
テイラー・スウィフト

Brian Friedman/Shutterstock

<セクシーなデザインのドレスで艶やかな姿を披露したテイラー・スウィフトだが、ドレスの「色」が注目されて非難を浴びることに>

世界ツアーが絶好調の米人気歌手テイラー・スウィフトだが、思わぬ騒動を巻き起こしている。問題となっているのは、彼女が仕事仲間の結婚式に出席した際に着用していたドレスだ。胸元を大胆に見せたセクシーなデザインのレースのドレスなのだが、これを見た人たちから「他人の結婚式で白を着るなんて!」「非常識」と非難されてしまったのだ。

■【写真】大胆で艶やかなドレス姿...だがその「色」に批判が集中してしまったテイラー・スウィフト

スウィフトが参列したのは、女優のマーガレット・クアリー(28)と音楽プロデューサーのジャック・アントノフ(38)の結婚式。2人は1年間の婚約期間を経て、8月19日にニュージャージー州で式を挙げた。

スウィフトは、自身の複数のアルバムでアントノフとコラボしている。結婚式には彼女の他にもゾーイ・クラヴィッツ、チャニング・テイタム、カーラ・デルヴィーニュ、ラナ・デル・レイといった大物スターや、クアリーの母親で有名女優のアンディ・マクダウェルも出席した。

しかし、人々の注目を最も集めたのはスウィフトのドレスだった。

スウィフトは、英ブランド「アーデム」のレースのミディドレスにコルセット風のボディスで登場。これをみた多くのネットユーザーが、スウィフトのドレスが白だったとして攻撃を開始した。一般的に、結婚式において白は花嫁の色とされ、参列者が白のドレスを着るのはマナー違反と考えられている。

インスタグラムのあるユーザーは、「人の結婚式に白を着る人なんているの?」とコメント。別のユーザーも「結婚式に白を着る人がまだ存在していることにいつも驚かされる」と書き込んだ。

X(旧Twitter)上でも、スウィフトのドレスに対してユーザーが不快感を示した。「ジャックのズボンは短すぎた。でも私が知りたいのは、なぜテイラー・スウィフトは人の結婚式に白いドレスを着てきたのかということ」「テイラーが結婚式に白いドレスを着たの? ビッチ?」といったコメントが寄せられた。

実際にはドレスの色は白ではなかった

しかし、実際のところこうした指摘は的外れだ。なぜなら、このドレスを約5000ドルで販売したサックス・フィフス・アベニューによると、ドレスの色は本当は「スカイブルー」だからだ。

専門家によれば、結婚式で白のドレスを着ることはタブーという訳ではないが、一般的に好ましく思われないので避けたほうが無難だという。ウェディングプランナーのリンジー・サックスは、「花嫁への敬意と伝統から、他の色にするべきだ」と、マーサ・スチュワートのサイトで述べている。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米アトランタ連銀総裁、インフレ進展停滞なら利上げに

ワールド

多国間開発銀の改革計画、10月G20会合で議論=ブ

ビジネス

ソニー、米パラマウント買収交渉に参加か アポロと協

ビジネス

ネットフリックス、1─3月加入者が大幅増 売上高見
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 6

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 10

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中