最新記事

対談

学生はバイトするな、お金のために時間を犠牲にするな【箕輪×正田】

2018年2月21日(水)18時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

起業や働き方、お金について語り合った編集者の箕輪厚介(左)とシリアルアントレプレナーの正田圭(右) Newsweek Japan

<働くこと、お金について、日本の若き起業家たちはどう考えているのか。シリアルアントレプレナー(連続起業家)である正田圭と、日本のベンチャー界隈に詳しい編集者の箕輪厚介が語り合った(対談・後編)>

「会社を売るのはいいこと」だと、シリアルアントレプレナー(連続起業家)であるTIGALA代表取締役の正田圭氏(31歳)は言う。

会社の設立と売却を繰り返すのがシリアルアントレプレナー。正田氏によれば、それこそが時間とお金の両方を手に入れ、人生の選択肢を広げる生き方だ。

このたび、自分のノウハウを伝え、起業して会社を売却する「文化」をもっと日本に広めたいと『サクッと起業してサクッと売却する――就職でもなく自営業でもない新しい働き方』(CCCメディアハウス)を上梓した。おそらく日本初となるシリアルアントレプレナーシップの指南書である。

正田氏の知人であり、日本のベンチャー界隈に詳しい編集者の箕輪厚介氏(32歳)との対談。前編では、シリアルアントレプレナーを目指すべき理由や、起業家に才能が集まり始めている日本の現状などについて語り合った。

※対談前編:日本の若者がシリアルアントレプレナーを目指すべき理由

この後編では、働くことやお金についての考え方へと、話が広がっていった。

リスクをリスクと思わない強さ

――この本には、「起業家として経験を積むためにもたくさん会社を作り、たくさん売ればいい」と書かれている。

正田 そうですね、起業はなかなか1回では成功しないものだし、経験値が大事なんです。以前は「起業は遅いほうがいい」と思っていたんですが、最近は「なんか違うよな」と。社会に出るスタートの時点で起業してもいいんじゃないか、という考えに変わりました。

本にも「学生はバイトするな」と書いているんですが、バイトするぐらいなら親からお金を借りて起業したほうがいい。

というのも、雇われグセがつくのがよくないと思うんですね。自分の時間をお金に変えるのが仕事だと思い込んでしまう。それは、シリアルアントレプレナーの思考から遠く離れたものです。

箕輪 それ、LINEの田端信太郎さん(編集部注:2月末で退職予定)とも話したことがあります。僕ら2人とも、サラリーマンだけど個人としてもいろんな場所に呼ばれたり、ネオサラリーマンみたいな働き方をしていますけど、われわれはいつまでたっても所詮は凡人。

堀江さんみたいに1度も就職したことのないやつはスーパーサイヤ人だ、こっちはクリリンやヤムチャが必死にやってるだけだと(笑)。リスクをリスクと思わない強さは、1度雇われちゃうと一生手に入らないですよね。

正田 新卒で就職するのはべつにいいと思うんですけど、最初の「働く」経験は、雇われるよりも、自分で稼いだほうがいいんじゃないかと。

箕輪 (ライブ動画ストリーミングプラットフォームを運営する)SHOWROOMの前田裕二さんも、路上で弾き語りをしたという原体験があるし、いまイケてる起業家は小さな商いを経験していた人が多いような気がします。

若い頃に、そうやってサラリーマンよりも稼いだ経験があると強いですね。サラリーマンになるのはお金を稼ぐ1つの手段でしかないと思えるようになる。

もう1つ言うと、これからの起業家は「お金を集める力」が重要な気がしていて。それはビジョンと、人間的な魅力だと思います。要するに「損してもいいから、こいつに賭けたい」と人に思わせる力。

アイデアは一瞬で真似されるけど、固有のビジョン、固有のアイデンティティーは真似できません。それを若いうちに養った人は強いと思うな。(クラウドファンディングサイトを運営するCAMPFIREの)家入一真さんなんて、ぶっちゃけだらしない人だけど、この人に賭けてみたいと思わせる独自のものがあります。


『サクッと起業してサクッと売却する
 ――就職でもなく自営業でもない新しい働き方』
 正田 圭 著
 CCCメディアハウス

ニュース速報

ワールド

米のコロナワクチン、国内需要満たした上で世界に供給

ワールド

米厚生長官、台湾総統と会談 トランプ氏の「強い支持

ワールド

インド、一部製品の国内生産奨励 中国念頭にシェア拡

ワールド

ベラルーシ大統領選、現職ルカシェンコ氏圧勝へ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 3

    脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

  • 4

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 7

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 8

    レバノン爆発、爆弾などの「外部介入の可能性も」=ア…

  • 9

    米財務省、香港の林鄭月娥行政長官ら11人に制裁 自…

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 8

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月