最新記事
マネー

5年後に価格が倍のものも...ブランド品を「投資対象」として買うときに気を付けるべき4つのポイント

Fashion Investment

2024年2月3日(土)19時51分
ナオミ・ブレイスウェイト(英ノッティンガム・トレント大学准教授)
ファッション投資対象としてのディオールのサドルバッグ

『セックス・アンド・ザ・シティ』に登場したディオールのサドルバッグ HBOーEVERETT COLLECTION/AFLO

<ラグジュアリーブランドの価値を見極める美と経済のセンスを磨く>

デザイナーズブランドが売り上げを伸ばし、一方で持続可能な買い物への関心が高まっている今、より寿命の長いファッションへの投資について考える価値があるだろう。

ルイ・ヴィトンの売り上げは2019年から右肩上がりで、バーバリーはパンデミック後の1年間で86%増えた。「アスレジャー(アスレチック+レジャー)」関連のコラボレーションなど、ラグジュアリーファッションは以前より手に入りやすくなったが、まだまだ値段は高い。そこで、時間を超越する「投資アイテム」を見極める4つのポイントを見ていこう。

■リセールの価値

ファッションの投資対象は高価格の高級品が多く、その価格はここ10年で上昇している。例えば、シャネルのバッグは5年間で約2倍に。象徴的なミディアムフラップバッグは22年の7550ポンド(現在のレートで約142万円)から1年で8530ポンドに上がり、リセール市場で最も人気があるデザインの1つになっている。

エルメスのバーキンとケリーのバッグも間違いのない投資アイテムだ。平均小売価格は8237ポンド。リセール市場では2倍になることもある。

高級ファッションの委託販売サイトのベスティエール・コレクティブやネットオークション大手のeベイなどは、リセール価格を試算するのに便利だ。

■品質とスタイル

近年はブランドのロゴをあからさまに使うデザインから、よりシンプルで時代にとらわれない「静かなラグジュアリー」へと傾向が変わりつつある。ロロ・ピアーナのカシミヤのセーターは1700ポンドを超えるかもしれないが、その品質とクラシックなスタイルは、トレンドの移り変わりを超越した投資アイテムになるはずだ。

■ブランドの信頼性

時計や宝飾品、ハンドバッグは特に、伝統あるブランドが投資対象として好ましい。ロレックスの時計は希少性が高いモデルほど、購入後も評価額が高い。

バーバリーのアイコンであるトレンチコートは100年以上前からほとんどデザインが変わらず、ワードローブの投資として価値があると、ヴォーグ誌も太鼓判を押す。ただし、トレンドが変わると価値が下がりやすい最新モデルではなく、定番のデザインを選ぼう。

■セレブが愛用

セレブを起用した宣伝は、ブランド戦略として人気がある。英ポップスターのハリー・スタイルズが23年のツアー中に、アディダスとグッチがコラボした「ガゼル」のスニーカーを履いたら、売り上げが2倍に増えたという。もっともスニーカーのリセール市場にかつての活況はなく、今の投資対象としては微妙かもしれない。

セレブのお墨付きも万能ではない。ディオールのサドルバッグは1999年にドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』に登場しアイコンの地位を獲得したが、やがて輝きを失った。再び注目されたのは、18年に復刻されたときだ。

ファッションの価値は、必ずしも価格に左右されない。自分が購入した品に思い入れを持ち続けられることが、永続的な価値と使い捨てではない寿命を裏付ける。

The Conversation

Naomi Braithwaite, Associate Professor in Fashion Marketing and Branding, Nottingham Trent University

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

20240305issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年3月5日号(2月27日発売)は「世界が愛した小澤征爾」特集。[保存版]巨匠・小澤征爾、88年の軌跡。[独占インタビュー]佐渡 裕/イツァーク・パールマン

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=小幅安、経済指標に注目

ワールド

原油先物、1ドル超上昇 供給途絶の懸念で

ワールド

イスラエル、ICJにガザ大量虐殺防止措置巡る報告書

ワールド

国連安保理、分断で権威失墜 「真剣な改革必要」=事
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の華麗な「王室プロトコル」にファンがうっとりため息

  • 4

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 9

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 10

    ウクライナで兵力動員が難航...著名部隊「ダビンチ・…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中