最新記事

ビジネス

なぜ胃腸科の専門医は「朝食にパンを食べるな」という本を出したのか...いまイチオシの4冊

2022年9月21日(水)17時58分
flier編集部

専門医が食の常識に関する誤解を解く

220920fl_ieb03.jpg

朝食にパンを食べるな
 10万人の胃腸を診た専門医が教える‼ 長生き食事術

 著者:福島正嗣
 出版社:プレジデント社

胃もたれ、胃痛、下痢、メタボ、片頭痛、アトピー、糖尿病...。その不調、毎朝のパンが原因かもしれません。

最近ではグルテンフリーが知られるようになりましたが、パンに限らず、炭水化物(糖質)の摂り過ぎは、胃腸や体にさまざまな影響を及ぼします。

本書では、じつはお粥やうどんも消化にはよくないなど、これまでの食の常識に関するさまざまな誤解を、10万人の胃腸を診てきた消化器専門医がひも解いています。

胃腸科医でありながら炭水化物が大好きでメタボで、かつ胃腸も弱かった著者が、糖質制限を始めて2カ月で10㎏やせて、長年の不調も改善。以来、自身のクリニックで患者さんたちに指導してきた低炭水化物・高脂肪の食事術をまとめました。

毎朝のパンが体に悪い理由から胃腸にいい食習慣、和食はヘルシーという誤解、糖質制限ダイエットの正しい方法まで、長生きするための食事術がわかる1冊です。
(プレジデント社 書籍編集部 工藤隆宏)

好きなことだから失敗せずに挑戦できる

220920fl_ieb04.jpg

女は好きなことを仕事にする
 著者:大原真樹
 出版社:大和書房

好きなことを仕事にする──。女性だからこそできることかもしれません。

著者の大原真樹氏は「モロッコが好き」「モロッコ雑貨がかわいい」という想いだけで、たった一人でアフリカでビジネスを始めてカゴバックやバブーシュを日本に広めました。

モロッコで買い付けた雑貨たちが自宅に届くと、自分で検品し、自分でタグを作り、自分でタグをつけ、スーツケースに詰め込んで、手当たり次第に電話をかけて飛び込み営業。「スリッパおばさん」と言われても、売れるあてがなくても「売れ残ったら自分で使える」と意に介さず。でも、この趣味の感覚は女性には理解できるのではないでしょうか。

儲けるために買うのではなく、好きだから買う。儲けるために作るのではなく、好きだから作る。ここに「好きなことを仕事にする」可能性と再現性があります。失敗せずに小さなチャレンジを積み重ねていくための思考法が書かれています。
(長谷川恵子)

◇ ◇ ◇


flier編集部

本の要約サービス「flier(フライヤー)」は、「書店に並ぶ本の数が多すぎて、何を読めば良いか分からない」「立ち読みをしたり、書評を読んだりしただけでは、どんな内容の本なのか十分につかめない」というビジネスパーソンの悩みに答え、ビジネス書の新刊や話題のベストセラー、名著の要約を1冊10分で読める形で提供しているサービスです。

通勤時や休憩時間といったスキマ時間を有効活用し、効率良くビジネスのヒントやスキル、教養を身につけたいビジネスパーソンに利用されており、社員教育の一環として法人契約する企業も増えています。

このほか、オンライン読書コミュニティ「flier book labo」の運営など、フライヤーはビジネスパーソンの学びを応援しています。

flier_logo_nwj01.jpg

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レヴィーンの「お相手」たち

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月