最新記事

インタビュー

パンデミックの今こそビジネスを始める好機──米著名起業家マーク・キューバンの提言

THE CONTINUING EDUCATION OF MARK CUBAN

2020年8月19日(水)18時50分
ジョーダン・ハービンジャー(ジャーナリスト)

今がビジネスを始める好機だと語るキューバン PHOTO ILLUSTRATION BY NEWSWEEK JAPAN, SOURCE PHOTO BY STEVE MARCUS-REUTERS

<著名起業家が語る学び続けることの大切さ、人種差別抗議デモへの思い、そして経済戦争の戦い方まで>

著名な起業家で、NBAのダラス・マーベリックスのオーナーでもあるマーク・キューバンは、起業志願者のプレゼンを受けて投資先を決めるABCの人気番組『シャーク・タンク』のレギュラー出演者でもある。歯に衣着せぬ発言で知られる彼がジャーナリスト、ジョーダン・ハービンジャーのポッドキャストに出演。人種差別への抗議運動に対する考えや、彼ならではの起業家論、中国との経済戦争などについて語った。

コロナ禍における経営者へのアドバイス

私が言うのはいつも同じだ。まず、隠し事をしないこと。2つ目は誠実であること。3つ目は信頼に足る人間であること。4つ目は話をすることだ。誰もがパニックになっている今こそ対話しなければ。誰もが怯えているときにその恐怖と向き合う最良の方法は、みんなが1つになることだという点を心得るべきだ。

ビジネスは、自分が大切だと思う価値観を共有できる相手と行いたいものだ。また、従業員や株主を大事にしなければ、あなたのブランドには永遠に傷が付く。若い子たちはこれから何十年もその傷ついたイメージを抱き続けることになるのだから。自分たちを世間にどう見せ、社会とどう向き合い、従来型のトップダウンではなくボトムアップで事業をどのように進めていくかが、その後何十年にもわたる自社ブランドを定義付けることになるという点を大企業は理解しつつあると思う。

人種差別への抗議運動が起きるのは時間の問題だった

人々は怒っている。(アメリカ社会には)組織的な人種差別が存在する。ストレスが解き放たれた原因は、生まれてこの方ずっと不利な立場に置かれてきた人々の、日々対処しなければならない心配と不安だ。

4000万人もの人々が職を失い、時短勤務や賃金カットに見舞われた人に至っては数え切れない。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の到来で、マイノリティー社会は大きな打撃を受けた。医療従事者のうち、マイノリティーはかなりの割合を占める。つまりコロナとの戦いの最前線には(人種・民族的な)不均衡が存在するのだ。それだけで大変なストレスだ。

(公民権運動の指導者)マーチン・ルーサー・キングは、暴動とはそれまで耳を傾けてもらえなかった人々の声だと述べた。驚くとしたら、ここに至るまでにこれほど長い時間がかかったということだ。

【関連記事】日本人には分からない人種差別問題のマグニチュード
【関連記事】ユヴァル・ノア・ハラリ×オードリー・タン対談(1/3)──「ピンクのマスクはカッコいい」、誰もがルールづくりに参画できる社会の到来

ニュース速報

ワールド

石油・ガス市場に影響も、アルメニア・アゼルバイジャ

ワールド

CDC所長「コロナ終息程遠い」、トランプ大統領と見

ワールド

英外相、北朝鮮の非武装地帯視察へ 今週訪韓

ワールド

中国、開放政策の強化を引き続き推進=王毅外相

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 5

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    習近平、中国共産党による新疆ウイグル統治の妥当性…

  • 8

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 9

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 10

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月