最新記事

ポストコロナを生き抜く 日本への提言

ロバート キャンベル「きれいな組織図と『安定』の揺らぎ」

JAPAN TURNS FLAT

2020年5月4日(月)10時35分
ロバート キャンベル(日本文学研究者、国文学研究資料館長)

平常時には職位の順に並んで座っていた会議がフラット化した EVENING_T/ISTOCK

<電子媒体で「多声化」する打ち合わせ――。コロナ禍を機に日本社会は変わるかもしれない。日本文学研究者で国文学研究資料館長のキャンベル氏による、本誌「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集への寄稿より>

それなりに人数の多い研究所の館長を務めている。わたくしは館長というよりも艦長みたいに、今年の3月は静かな海が戻るまで甲板の上にずっと立っていたかった。
2020050512issue_cover_200.png
職員が在宅勤務をするために館内ネットワークへのアクセスを確保することや、全員の通信環境が在宅に耐えられるかを確認すること、どうしても出て来なければ業務が回らないという人に対しては出勤ローテーション表を確定すること等々、われらが船体を襲ってくる日々の波を受けながら「確」という漢字と睨めっこしていた。

4月に緊急事態宣言が出され、出勤者の数をほぼ7割削減せよ、出退勤はラッシュを避けよ、等々に対応した上で、全ての業務をメールまたは電話あるいはテレビ会議に切り替えることを率先して行った。艦長がいつまでも甲板の上にいては具合が悪いので中旬以降は自宅にいて会議やメールなどの海を泳いでいる。

ご多分に漏れずズーム(Zoom)を使ってもろもろの打ち合わせを重ねている。平常時であれば7、8人ほどを館長室に呼び、大きな木の机を囲みながら報告し合ったり、ディスカッションを繰り広げる。館長は一番奥まった席に座るのが通例で、わたくしの両隣を副館長や部長が陣取り、続いて職位の順に課長、係長と下り、一番入り口に近い席には係員が居並んでいる。メンバーが代わっても、上から下へと、きれいな組織図を描いて埋まっていく。

そもそも、日本語の「きれいに」という言葉は、そのように個体が一個一個あるべき姿に整えられ、表面をびっしり覆う状態を言う。一家全員のソックスが1つの抽出(ひきだし)にビシッと「きれいに」仕舞われているようなイメージである。

Zoomだと逆である。手前と奥、上と下という遠近法や秩序は存在しない。ミーティングは二次元のモニターの中では完全にフラットである。入ってくる順に各自の画像が並び、操作次第ではまた順番がスクランブルされてしまう。7人なら7人、各画像の下に表示される名称で本人が登録し、「部長」だとか「係長」だとかいう呼び方は現れない。

昇進も独立も望まない人たち

不思議なことに、電子媒体で均等な距離に「座っている」と声が出しやすいらしい。若手も最初はいつものごとく黙って聴いているだけである。だが1人、また1人が手を上げ「発言してもよろしいですか?」と聞くので、はい、と返事をする。自分の発声で画像の周りに黄色い枠がともると、質問も感想も、違うと思っていることも話すようになる。発言するのに許可を求めなくてもいいよ、とこちらが言うと打ち合わせの場がどんどん多声的になり、加速化し、質も上がることが実感できる。館長のお誕生日席からはよく見えなかった表情は、ディスプレイをさっと見渡しただけで合意ができているかどうかまで、分かる瞬間もある。

ニュース速報

ワールド

英国とEU、駐英EU大使の外交的地位巡り対立

ビジネス

アングル:環境関連の資産購入、「首相肝いり」で日銀

ビジネス

基礎的財政収支、低成長が継続なら10年後も赤字=内

ビジネス

雨宮副総裁、明日から公務復帰へ 近親者はコロナ「陰

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身元調査受け

  • 2

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断トツの「数値」

  • 3

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 6

    ホワイトハウスを去るトランプ側近の手には思い出の…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    トランプ支持者たちがロシアに移民希望?──ロシアの…

  • 9

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 10

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月