最新記事

自動車

売上30兆円突破のトヨタ、仲間と「リアルの力」でCASE時代を生き残れるか

2019年5月9日(木)19時30分

5月9日、2019年3月期に売上高が初めて30兆円を突破したトヨタ自動車。だが、手放しで喜べない。写真はトヨタのロゴ。フランスのオネンで昨年1月撮影(2019年 ロイター/Pascal Rossignol)

2019年3月期に売上高が初めて30兆円を突破したトヨタ自動車。だが、手放しで喜べない。目前に迫るCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)の時代には、売上高をここまで伸ばしてきた今のトヨタのビジネスモデルが通用しなくなる恐れがある。他業種からもライバルが参入し、自動車業界の「王座」を巡る争いが激化すると予想され、豊田章男社長の先見性が試される局面を迎えている。

「リアルの力」は磨き続ける

8日の決算会見で、豊田社長は笑顔も少し見せたが、厳しい表情が終始目立った。「CASEの登場とともに、何十年もかけて(自動車産業で)やってきたわれわれが、一足飛びに追いつかれる可能性がある」──。売上高30兆円超えで顧客らに感謝の意は述べたものの、発言の多くには危機感がにじんだ。

豊田社長は今年で社長就任から10年を迎えるが、直近の4年間は特にトヨタを「モビリティカンパニー」へと転換すべく取り組んできた。創業以来80年以上「車を造って販売する」というビジネスモデルで成長し続けてきたが、それだけではCASEの戦いで生き残れないとみているためだ。

同時に、真骨頂である「トヨタ生産方式(TPS)」と「原価の作り込み」の再強化にも力を注いできた。

「変化することが求められる時代だからこそ、ブレない軸、変えてはいけないことを明確にしておくことが必要。ブレない軸こそがTPSと原価を作り込む力だ」と豊田社長は述べ、「3つの『リアルの力』を磨き続けること」こそが、CASE時代でもトヨタの競争力を高めることにもなると強調した。

「リアルの力」とは、1)TPSという共通言語を持つグループ企業だからこそ実現できる「モノづくりの力」、2)約1万6000カ所に上る世界の販売拠点、グループ会社や仕入先などの巨大サプライチェーンという「ネットワークの力」、3)世界で保有されるトヨタ車1億台以上が示しているトヨタに対する信頼という「保有の力」の3つだ。

100万台規模で量産し、10年、20年経っても安全で安心して乗り続けられる車をトヨタが世に送り出せるのは「ものづくりの力」があるからで、CASEでもその力は不可欠とみている。また、車だけでなく、住宅事業なども自前で持っていることも大きな優位性になるとにらむ。

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、5─6月に日量1000万バレル減産

ビジネス

ドル下落、FRB緊急策で安全需要減退=NY市場

ビジネス

米株続伸、FRBの企業・地方政府支援策を好感

ワールド

ドイツ、復活祭明けに感染拡大抑制策の一部解除を検討

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 6

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 7

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月