最新記事

投資の基礎知識

大人気のIPO(新規公開株式)銘柄、「その後」を追いかけて分かったこと

2018年12月18日(火)19時45分
岡田禎子 ※株の窓口より転載

Issei Kato-REUTERS

<注目のソフトバンク上場が19日に迫っている。だが、華々しくデビューしても、その後に人気凋落する銘柄は珍しくない。2017年には新規上場90社のうち91%で初値が公募価格を上回ったが、その後の株価はどうだったのか>

「当選すれば儲かる!」といわれるIPO銘柄(新規公開株式)は、欲しがる人も多いために人気が高く、当選することは稀です。残念ながら抽選に外れた場合は、上場後に買い付けるしかありません。初値が公募価格から大きく上昇して"爆上げ"した銘柄なら、その分、高値で買う必要があります。

しかし、そもそも公募価格(売り出し価格)は企業の実力や将来性、同業種銘柄の株価などを参考にして設定されているはず。ということは、初値がその何倍にもなるのは、やはり「IPOバブル」と言えるのかもしれません。

華々しくデビューしたものの、あっという間に人気は凋落......なんていう悲劇は、実は株の世界にもあるのです。

昨年デビューした「新人」はいま

2017年も、IPO銘柄は相変わらず好調でした。新規上場90社のうち、初値が公募価格を上回ったのは82社。実に、91%以上です。そのうち43社は、初値が公募価格の2倍以上という高いパフォーマンスを見せました。

そんな「2017年デビュー組」の中でも、特に成績の良かった「初値上昇額トップ10銘柄」の、その後の株価を追いかけてみました。

トレードワークス<3997>

kabumado181218-2.png

●2017年11月29日・ジャスダック上場

上場初日には値がつかず、3日目の12月1日に公募価格2,200円の約6.2倍相当の1万3,600円で初値をつけました。さらに1万4,690円の高値をつけましたが、翌日から急落、12月18日には7,730円まで下がりました。

初値で買った場合、わずか半月で40%以上の含み損を抱える結果です。年末には、季節要因で値動きの軽い直近IPO銘柄が買われた結果、1万550円まで戻しましたが、その後は出来高も伸びず、株価はパッとしません。なお、3月末に1株→3株の株式分割が行われています。

ヴィスコ・テクノロジーズ<6698>

kabumado181218-3.png

●2017年12月13日・ジャスダック上場

上場初日は値がつかず、翌日に公募価格4,920円に対して約3倍となる1万5,000円の初値をつけました。その後も、成長性の高いハイテク系メーカーとして注目度が大きく、人気化して連日急騰、28日には公募価格の約8.9倍となる4万3,900円まで上昇しました。

初値で買った投資家は、約半月で株価が2.9倍以上となったわけです。同銘柄も3月末に1株→8株の株式分割を行っています。

ユーザーローカル<3984>

kabumado181218-4.png

●2017年3月30日・東証マザーズ上場

「ビックデータ」「AI」というテーマ性のある銘柄で人気が膨らみ、上場翌日に公募価格2,940円の4.3倍に当たる1万2,500円の初値。4月3日には1万4,090円の高値をつけましたが、これが天井となり、その後はジリ安。11月16日に5,200円まで下げました。初値から60%近くの下落です。

サインポスト<3996>

kabumado181218-5.png

●2017年11月21日・東証マザーズ上場

やはり初日には値がつかず、翌日22日に公募価格2,200円の4倍近く、8,530円の初値をつけます。その後も「AI」関連株として注目されて、12月28日に公募価格の約9倍、初値で買った投資家にとっては2.3倍となる1万9,950円まで値上がりしました。2月末に1株→4株で株式分割。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 7

    【動画】米軍、イラン革命防衛隊が日本のタンカーか…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 6

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月