最新記事

発想術

「アイデアは既存の要素の新しい組み合わせ」とヤングは言った

五輪エンブレム問題で揺れる今こそ再確認したい、ロングセラーに記された発想術の本質(前編)

2015年10月26日(月)16時20分

天才でなくていい 普通の人だって毎日いいアイデアを思いついている IPGGutenbergUKLtd-iStockphoto.com

アイデアのつくり方』(ジェームズ・W・ヤング著、今井茂雄訳、CCCメディアハウス)という本がある。原書の初版が刊行されたのは、なんと1940年。この邦訳版も初版は1988年で、四半世紀に及ぶ発想術のロングセラーである。

 ただし、この『アイデアのつくり方』、わずか104ページという薄い本で、しかもそのうち26ページが、科学雑誌『Newton』初代編集長で東大名誉教授の故・竹内均氏による解説である。

 そこで、「では、具体的にどうしたらアイデアを生み出せるのか?」という要望に応えたのが、アメリカの広告業界で40年近いキャリアを積んだジャック・フォスターによる『新装版 アイデアのヒント』(青島淑子訳、CCCメディアハウス)だ。

 とはいえ、こちらの『アイデアのヒント』も実は、旧版が1999年、新装版が2003年刊行と、15年以上日本で支持され続けてきたロングセラー。随所に記された「ひらめくためのハウツー」が、これだけ仕事の環境が変わった今も古びないのは驚きだ。

 アイデアとは何か、独創性とは何か――。東京五輪エンブレム問題などで関心の高まった今こそ、これらのロングセラーをひも解いて、発想術の「本質」を再確認してはどうだろう。ここでは、『新装版 アイデアのヒント』から「第1章 アイデアって何だろう」と「第2章 もっと楽しもう」を抜粋し、前後半に分けて掲載する。

<*下の画像をクリックするとAmazonのサイトに繋がります>


『新装版 アイデアのヒント』
 ジャック・フォスター 著
 青島淑子 訳
 CCCメディアハウス


『アイデアのつくり方』
 ジェームズ・W・ヤング 著
 今井茂雄 訳
 竹内 均 解説
 CCCメディアハウス

◇ ◇ ◇

アイデアって何だろう

「僕、その答え知ってます。答えはすべての人の心のなかにあるんです! え、答えは12?......教室を間違えたかな」
――チャールズ・シュルツ(『スヌーピー』シリーズの作者)

「その答えはすぐにわかったので、僕は喜んで答えた。『わかりません』って」
――マーク・トウェイン

 アイデアを手に入れる方法を学ぶ前に、まずアイデアとは何なのかを考えなくてはならない。手に入れようとしているものが何なのかわからないのに、それをたくさん得る方法を見つけ出すというのは難しいからだ。

 ただ、問題がある。アイデアをどう定義すればいいかということだ。

 イギリスの詩人A・E・ハウスマンはこう言っている。「ねずみとは何なのか、犬が説明できないように、わたしも詩が何なのか定義はできない。だが犬もわたしも、ねずみや詩を目の前にしたときの心のときめきによって、それを認識することはできる」。「美」も同じようなものだ。「すばらしさ」や「愛」といったものもこうした部類に入る。

ニュース速報

ビジネス

英BP、第3四半期は黒字転換 需要低迷で川下部門が

ビジネス

ノバルティス、通年の利益見通し引き上げ 第3四半期

ビジネス

富士通、4―9月期営業利益は12.4%減 コロナで

ワールド

インタビュー:景気回復の兆し、現時点で追加緩和は不

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇を観測

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 9

    中国はトランプ再選を願っている

  • 10

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月