最新記事

インタビュー

彼女が「白熱教室」で学んだこと

16歳で単身渡米した東京の「普通の女子高生」がハーバードでMBAを取得し、グーグル本社で才能を開花させるまで

2012年4月25日(水)18時37分
井口景子(本誌記者)

「世界で最も働きたい会社」の一つといわれるシリコンバレーのグーグル本社。そんな難関を突破し、その中枢で働く日本人女性がいる。石角友愛さん。日本で生まれ育ち、英語が得意なわけでもなかった彼女が、世界中の頭脳が結集するグーグルで才能を認められるまでになった最大の要因は、アメリカの高校と大学、そしてビジネススクールで経験した、日本とは違う「勉強」のおかげだという。
 
 石角さんが東京の国立大学附属高校を中退し、たった一人でアメリカに渡ったのは16歳のとき。アメリカ東海岸のボーディングスクール(全寮制私立学校)に転入し、その後、リベラルアーツ教育の名門で、オバマ米大統領も学んだオキシデンタル・カレッジに進学。いったん日本に帰国して起業した後、再びアメリカへ渡り、ハーバード大学ビジネススクールでMBA(経営学修士号)を取得する。さらに、ハーバード在学中に結婚して出産。ハーバード修了後は家族でシリコンバレーに拠点を移し、子育てをしながらグーグル本社で働いている。

 TOEFL400点以下という英語力で渡米した彼女が、華麗なキャリアを築くまでの過程で、どんな学びがあったのか。その体験を綴った新著『私が「白熱教室」で学んだこと──ボーディングスクールからハーバード・ビジネススクールまで』(阪急コミュニケーションズ刊)は、留学を志す高校生から、グローバルなキャリアを模索するビジネスマン、我が子を世界のどこでも生きていける人間に育てたいと願う母親まで幅広い層の関心を集めている。

 熱い情熱をもちながら冷静沈着に戦略を組み立て、リスクを恐れずに新たな道を切り拓いていく──今の時代を生き抜くのに必要な資質を兼ね備えた石角さんに多大な影響を与えたアメリカの教育事情や、シリコンバレーでの就職について話を聞いた。

                  *

──16歳で突然、留学することにしたのはなぜ?

 受験対策ばかりで脳が刺激されない授業も、カラオケやコンパばかりの青春もつまらないというマグマが溜まりに溜まっていた。それが高校1年の夏に爆発して、環境を変えるならいっそアメリカに行こうと思った。

──アメリカのボーディングスクールに転入して一番大変だったことは?

 英語もできなかったが、何よりのハンディーはマインドセットを根本的に変えなければ通用しなかったこと。先日、実家で(日本の)中学高校時代の漢文のノートを見たら、単語の意味や訳ばかり書いてあって、(緑のペンでマークした部分を消せる)赤い下敷きまで出てきた。そんな表面的な情報を暗記するだけの勉強では、アメリカの高校や大学では絶対に評価されないし、授業で発言できない。たとえ漢文であっても、なぜこの人はこう書いたのか、どういう時代背景でこの文が好まれたかという本質的な問題が問われる。16歳まで日本の普通の高校生だったから、一歩掘り下げてメタなレベルで考える訓練ができていなくて苦労した。

──とはいえ、「普通の高校生」はなかなかそこまで思い切った選択はできない。何か特別な家庭環境があった?

 10歳くらいから春休みなどにイギリスやアメリカにホームステイに何度か行き、精神的に「外国」が遠くなかった面はあったと思う。でも2人の兄は日本の大学に進学しているし、親から留学を勧められたこともなかった。環境だけでなく、人と違ったことがしたいという自分の性格も影響したのだと思う。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ウクライナ大統領と電話会談 「戦争終わ

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中