最新記事

インフレ

過剰人口を減らす終末サイクルが始まった

地球人口は限界を超え、人々は限られた資源を奪い合い、モノの値段は急上昇――大物投資家グランサムが予言する「世界の終わり」

2011年6月15日(水)16時11分
トーマス・ムチャ

超インフレ終末論 有史以来、地球人口は食料不足で制御されてきた John Sommers II-Reuters

 世界の終末を予言しようとする試みは、歴史上枚挙に暇がない。

 終末を唱える予言者たちのリストに新たに名を連ねるのが、ウォール街の伝説的な投資家ジェレミー・グランサムだ。ニュースサイト「ビジネスインサイダー」によると、グランサムは最近、人類にとってたいそう暗い未来を思い描いているようだ。

 投資マネジメント会社GMOの共同創業者でもあるグランサムが言うには、世界には永遠の「パラダイムシフト」が起こった。地球上の人間の数が、地球が養うことのできる数の上限を超えたというのだ。

 とりわけそれが顕著なのが、経済成長に必要不可欠な原油や金属などの資源、そして食料だ。

 ビジネスインサイダーは、グランサムの主張を次のようにまとめている。


 ここ100年ほど、ほとんどの主要産品の値段は緩やかに下落してきた。だがこのトレンドは永久に終わりを告げたと、グランサムは考えている。今後は、人類は減少一方の資源を奪い合い、価格は暴騰する。

 グランサムの考えでは、地球が養える人間の数は約15億人だが、地球上には現在70億人が存在する(さらに100億〜120億人に増加するといわれている)。人類の歴史を振り返ると、地球上の人口が増え過ぎると食料不足によってその数は「制御」されてきた。制御が効かなかった最近の200年はむしろ例外だ。グランサムは、かつての人口減少圧力がまた働き始めると指摘している。


 もちろん、グランサムの考えは誤っているかもしれないし、科学の力が急速に人類を救う答えを出してくれるかもしれない。

 例えば18〜19世紀の経済学者トマス・ロバート・マルサスは、人口増加に食料増産が追いつかず、世界に貧困があふれると主張したことで有名だ。だが、マルサスの予想は外れた。農業の生産性が向上し、飛躍的な増産が可能になることまでは予測できなかったからだ。

 だが、もし絶望してみたい気分なら、世界人口の増加率や原油や金属などの商品相場、農業生産動向などを調べてみるといい。グランサムの「超インフレ終末論」を裏付けるデータは、うんざりするほどある

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 8

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 9

    「日本越え」韓国経済の落とし穴

  • 10

    韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 5

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月