注目のキーワード

世界経済

Newsweekアーカイブ『世界経済』に関する記事一覧

誕生から10年、G20の存在意義はどこにある?
国際会議

誕生から10年、G20の存在意義はどこにある?

<国連と違う「金持ち(と予備軍)」クラブ――孤立主義が幅を利かせる時代にグローバルな協調組織が果たす...

2018.12.05
イギリスが欧州の「孤島」になる日
ブレグジット

イギリスが欧州の「孤島」になる日

<とりあえず暫定合意は取り付けたが議会による承認は難航必至――庶民は最悪の事態への備えを始めている>...

2018.11.22
夫と対等以上に稼ぐ妻の割合、日本は世界最低レベル
男女格差

夫と対等以上に稼ぐ妻の割合、日本は世界最低レベル

<配偶者控除が足枷になって女性のパート就労が多い日本では、女性の稼ぎが不自然に抑制されている> 世...

2018.11.21
        
カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

<ゴーン会長逮捕のニュースはアメリカで、企業経営者の強大な権力への批判だけでなく、グローバル企業のト...

2018.11.20
ユーロ圏を脅かすイタリアの暴走
EU

ユーロ圏を脅かすイタリアの暴走

<欧州委員会による予算案差し戻しで強気のコンテ政権も軟化するのか、それとも欧州全体をパニックに陥れる...

2018.11.02
ウイグル弾圧の「刑務所国家」中国で大儲けする監視カメラメーカー
ウイグル

ウイグル弾圧の「刑務所国家」中国で大儲けする監視カメラメーカー

<共産党が新疆ウイグル自治区で進める「刑務所化」で潤うのは、中国の監視カメラメーカーと世界の投資家た...

2018.10.25
合意なきEU離脱はイギリスの経済的な自殺行為
ブレグジット

合意なきEU離脱はイギリスの経済的な自殺行為

<ハード・ブレグジットなら英経済は大混乱をきたし、外交関係の不透明感が増す――強硬離脱の勝者は誰か>...

2018.10.16
        
パンの44%が廃棄処分、だからビールを作りました
Edge of Europe コリン・ジョイス

パンの44%が廃棄処分、だからビールを作りました

<イギリスで製造されたパンの半分弱が廃棄されている――。その現実にロンドンの醸造所が目を付けた。本誌...

2018.10.15
昆虫食は人間にも地球にも優しい(食糧危機対策になるだけでなく)
「儲かるエコ」の新潮流 サーキュラー・エコノミー

昆虫食は人間にも地球にも優しい(食糧危機対策になるだけでなく)

<いま、牛肉の代替になり得るとして期待を集めるのが昆虫食。なかでもコオロギは......。本誌10/...

2018.10.15
日本の消費者は欧州と違う、循環型経済に日本企業はどうすべきか
「儲かるエコ」の新潮流 サーキュラー・エコノミー

日本の消費者は欧州と違う、循環型経済に日本企業はどうすべきか

<「儲かるエコ」へと、経済の大変革が始まった。地方創生にもつながり得るサーキュラー・エコノミーに日本...

2018.10.11
資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら