最新記事

司法

IMFセックス疑惑、米横暴に仏激怒

推定無罪を重視するフランス人にとって、容疑者に手錠をかけてさらし者にするアメリカの司法は暴力的過ぎる

2011年5月18日(水)18時13分
モート・ローゼンブルム

さらし者 フランス人のストロスカーン逮捕を大きく報じるフランスのメディア Gonzalo Fuentes-Reuters

 フランスの次期大統領になるかもしれないと思っていた男が、押し寄せる報道陣の前で裁判所へと連れられていく――性的暴行容疑で連行されるIMF(国際通貨基金)のドミニク・ストロスカーン専務理事の姿を目にしたとき、フランス国民の感情は恥じ入る気持ちから一転、アメリカの司法に対する怒りへと変わった。

「あの様子は想像を絶するほど野蛮で暴力的で残酷だと感じた」と元フランス司法相のエリザベート・ギグーは記者団に語った。彼女のこの発言は、大方のフランス国民の気持ちを代弁している。

 ストロスカーンが罪を犯した可能性があることは、フランス人でも承知している。だがフランス革命のギロチン刑や民法典の基礎となったナポレオン法典の歴史を経験してきたフランスは、「推定無罪」の考え方を重視している。

 アメリカでは、検察官が容疑を調べて起訴し、被告は裁判で裁判官と陪審員によって裁きを受ける。対するフランスでは、まず予審判事による審問が行われ、嫌疑が十分であるかどうかが判断される。

「アメリカの司法制度の方がずっと暴力的なのは間違いない」と、フランスの元有名判事のエバ・ジョリーはフランスの左派系日刊紙リベラシオンで語った。ジョリーによれば、平等の概念においては「アメリカ人はIMF専務理事もそのほかのどんな容疑者も区別はしない」。

 それは確かに、理論上は立派なことだとフランス人の多くも考えている。それでも実際のところ、法廷に入る容疑者が有罪の確定した犯罪者のように見られる状況は納得できない。

連行の姿は「有罪の証拠」

 フランスのテレビ局TF1のニュースに映し出されたのは、がっしりした護衛2人に挟まれ、乱れた服装のままひげも剃らず、後ろ手に手錠をかけられたストロスカーンの姿だった。

「こうしたシーンはアメリカではごく当たり前です」と、レポーターはあきれ顔を見せてカメラに語った。「この非道なアメリカの司法制度にひとたび足を踏み入れると、たとえ無実であっても哀れな姿で出てくることになるのです」

 このニュースの後、TF1のウェブサイトには怒りのコメントが相次いだ。ある視聴者はこう書き込んでいる。「あの映像はショックだった。フランスだったら、アメリカ人があんな扱いを受けることは決してないだろう」

 米コロンビア大学法科大学院教授でフランスでも講義を行っているジェフリー・フェーガンは、容疑者の惨めな姿を人目にさらすのは昔からある手法だと話す。

「手錠をして連行する様子を見せることは、有罪のさらなる証拠になる」とフェーガンは言う。「典型的なアメリカ的手法だ。検察官は容疑者が犯罪者に見えるように演出し、世論のムードを無実から有罪へと動かそうとする。容疑者は逮捕の瞬間から尊厳を失う。それに対してフランスでは、尊厳は何を犠牲にしても最後まで守られる」

 アメリカにおける法の下の平等の考えは「願望のようなもの」で神話に過ぎないと、フェーガンは言う。ストロスカーンはフランス人で裕福な白人、性的暴行容疑の被害者はマイノリティーが50%を占める地区に住む黒人女性だ。「これは検察にとってまさに大金星。いともたやすい案件だ」

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 2

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 3

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

  • 4

    仏マクロン政権「黄色いベスト運動」対応で財政拡大 E…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 9

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 10

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月