最新記事

ボランティアは押し掛けていい

3.11 日本の試練

日本を襲った未曾有の大災害を
本誌はどう報じたのか

2011.06.09

ニューストピックス

ボランティアは押し掛けていい

震災直後なぜか広まった「迷惑論」。被災者は至る所で悲鳴を上げている

2011年6月9日(木)09時52分
小暮聡子(本誌記者)

 被災地にボランティアをしに飛んで行きたいが、いま行けばきっと迷惑がられる。今回の大震災ではそう考え、被災者の力になりたいという多くの人たちがボランティアを自粛している。

 だがボランティアが駆け付けることは、被災者にとって本当に迷惑なのだろうか。被災地では今、人手が圧倒的に足りていない。自宅から泥をかき出せずに避難所暮らしを続ける人、自宅から出られず物資を受け取れない人、心に負った傷に気付いてさえもらえない人──被災者は至る所で悲鳴を上げている。
ボランティアに行きたい人も、来てほしい人も確実にいる。それなのに人々が自粛するのは、阪神淡路大震災など過去の事例にあまりに縛られているからだ。

 今回の地震直後、メディアは一斉に阪神淡路大震災でボランティアの大洪水が起き、寝る場所や食事を確保せずに駆け付ける人がいたことを蒸し返して「まだ行く時期ではない」「自己完結できない人は現地の迷惑になる」というボランティア専門家の意見を紹介した。

 だが今回の被災地は阪神淡路大震災より広範にわたっており、そもそも何倍もの数のボランティアが必要なはずだ。「ボランティアは押し掛けていい」と、関西学院大学災害復興制度研究所長の室﨑益輝教授は言う。「それなのにボランティアの足にブレーキがかかっている」

「迷惑ボランティア」という言葉もあるが、そもそもボランティアのマナーと、通常の社会生活でも必要な最低限のマナーに違いはない。日本災害救援ボランティアネットワーク理事長の渥美公秀は、悪気なく迷惑を掛ける人がいたら「注意すれば済む話だ」と言う。小さな懸念から行くこと自体を遠慮して断念しているのだとしたら、被災者にとってはそれこそ「ありがた迷惑」だ。

 室﨑によれば、阪神淡路大震災でボランティアの洪水を迷惑がったのは被災者ではなく、大量に来られたら登録や名簿作りの対応ができずに困る行政だった。現在もボランティアの主要な受け入れ先である各被災地の社会福祉協議会はこぞって応募資格を「制限」している。彼ら自身も被災したため受け入れる余裕がないからだが、受け入れ態勢は整っていなくても「被災者ニーズ」はあふれ返っている。

迷っている時間はない

 屋内退避指示が出ている福島県南相馬市の桜井勝延市長は先週、YouTubeで「自己責任でボランティアに協力してほしい」と訴えた。同市は公式にはボランティア受け入れを「自粛」しているが、現実には在宅高齢者の安否確認などに人手が足りず、知人などを「説得」して動員している。桜井市長が世界に救いを求めたのも、受け入れ体制は整わなくても「来てほしい」という本音の表れだ。

 震災から3週間が過ぎ、交通網も整い始め、緊急支援から復興支援に移った地域も多い。緊急時に行くべきだったのだから、今はなおさらどんどん行くべきだと、渥美は言う。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退表明 「ハリス氏

ワールド

トランプ氏、「ハリス氏のほう負かしやすい」 バイデ

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 9
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 10
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 9
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中