コラム

アメリカで急速に広まった言葉「Meh」の背景にある国民の気分とは?

2023年12月24日(日)18時15分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
LGBT, meh, アメリカ, イディッシュ語, ザ・シンプソンズ, ドナルド・トランプ, パックン, 人工妊娠中絶, 共和党, 民主党, 沢尻エリカ

©2023 ROGERS–ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<20年足らずであっという間に広がったスラングが表す政治への絶望を、米出身の芸人パックンが読み解きます>

史上最高のバイリンガル(自称)の僕でも、英訳・和訳しづらい単語はある。例えば寿司ネタの「トロ」。よくFatty Tunaと訳されるがこれじゃ「デブマグロ」だから納得がいかない。英語でもToroがベストだろう。

今回のキーワード「Meh(メ)」も訳し難い。「〇〇は好き?」などと聞かれたときにする生ぬるい返事だ。批判するほど興味もなく、「どちらでもいい」というより「どうでもいい」感じ。昔騒ぎになった沢尻エリカさんの「別に」に近いけど、「別に」は3音節。3音節も発するのが面倒なときに便利なのがメだ。


ちなみに、Mehの語源はイディッシュ語など諸説あるが、人気アニメ『ザ・シンプソンズ』で初めてマスメディアに登場して20年もたっていないのに、既にオックスフォード辞典にも加えられ、日常語になっている。言葉の由来って面白いよね?

Meh。

そう、そんな使い方! 便利でしょ? ぜひ日本語に導入しよう。

そのためのいい教材に、今回の風刺画は......ならない。この言葉は普通、映画や料理、セレブなどへの評価を表すもの。「(パックンマックンの)マックンは好きですか?」へのMehは模範解答だ。だが、国民の命、人権、自由や主権などへの重大な脅威にはMehは用いない。無関心じゃ駄目だから。

風刺画で取り上げている、気候変動や銃暴力、人工中絶の制限、LGBTQの権利侵害、そして民主主義的規範の崩壊は全くMehではないはず。だが、世論調査を見ると、これらの問題を重要視するアメリカ人の割合は絶望的に低い。

もちろん、支持政党によって態度は違う。民主党支持者はこれらの問題に敏感だが、共和党支持者は温暖化や銃暴力に関して民主党より関心度が40~50%も低い。まさにMehな状態。

もっと怖いことに、共和党支持者は中絶やLGBTQの権利の制限やトランプ(過去の大統領で将来の独裁者候補)のカムバックに関してはMehではなく、とても前向きだ。つまり風刺画の作者から見て、共和党自体が脅威となっている。

しかし政治疲れしているアメリカ人は、共和党の暴走も含め無関心な人が多い。政党もMehなら、国民もMeh。これじゃ、問題は悪化する一方。一番恐ろしいMehにはMehをだね。

ポイント

POLLING
世論調査

ARE YOU CONCERNED BY HOW FAST THE PLANET IS WARMING?
地球温暖化の進行具合は心配ですか?

ARE YOU UPSET THAT GUNS ARE THE #1 KILLER OF CHILDREN?
子供たちの死因第1位が銃によるものであることを懸念していますか?

ARE YOU ALARMED BY THE ATTACKS ON REPRODUCTIVE FREEDOM AND LGBTQ RIGHTS?
生殖(中絶)の自由、LGBTQの権利が脅かされていることに危機感を感じますか?

ARE YOU BOTHERED THAT TRUMP WANTS TO TURN OUR DEMOCRACY INTO A DICTATORSHIP?
トランプが民主主義を独裁体制に変えたいと思っていることは気がかりですか?

プロフィール

パックンの風刺画コラム

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米は財政赤字削減を、税収増や社会保障改革再び提言へ

ビジネス

「マグニフィセント・セブン」過半が決算発表=今週の

ワールド

米国務長官、24─26日に訪中 中東・ウクライナ・

ビジネス

テスラ、中国でも約2000ドル値下げ 米国に続き
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 5

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 6

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 7

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 8

    あまりの激しさで上半身があらわになる女性も...スー…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 8

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 9

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story