コラム

黒人差別抗議デモでNASCARは「南軍旗」を禁止したのに(パックン)

2020年06月26日(金)16時00分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
黒人差別抗議デモでNASCARは「南軍旗」を禁止したのに(パックン)

Clinging to the Stars and Bars / (c)2020 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<「黒人は白人の所有物」と主張した南軍の象徴であり、不快な気持ちをいだくアメリカ人が多い南軍旗をめぐる対応で明暗が分かれたNASCARとジョージア州>

白人の男が「南軍旗」模様のTシャツを着ている。一部の白人の間で親しまれているこの旗だが、「黒人は白人の所有物だ」と主張し、60万人もの戦没者を生む戦争を起こした南軍の象徴であり、不快な気持ちを抱くアメリカ人は多い。そのため黒人差別への抗議が広がる今、米カーレース最大手のNASCARが遅ればせながら、この旗を会場に持ち込むことを禁止した。

南部のファンが非常に多く、運営側にとっては勇気の要る決断だったが、黒人のドライバーは全員、「とても誇らしい」と絶賛している。実は、その前に黒人ドライバー全員が会場で、デモ隊と同じ「息ができない」という言葉の書かれたTシャツを着て警察の暴力に抗議していた。ちなみに、黒人ドライバー全員の名前がババ・ウォレスだ。はい。「全員」と言っても、1人しかいない。

でも、小さな一歩だがNASCARは前進した。

一方、後退しているのはジョージア州の選挙制度。もちろん、White votes only(白人の票のみ)と露骨には言わないが、この数年の制度改正の結果が事実上そうなっている。

まず、黒人や貧困層の多い地区の投票所を減らした。1カ所に有権者1万6000人を集中させたところもある。その上、新しく導入した投票用機械も、黒人の多い地区でよく故障するようだ。6月9日の大統領選予備選では投票するために7時間も待つ人がいたという。新発売のiPhoneじゃないんだから!

また、数年前にはExact match(完全一致)制度が導入されている。これは選挙登録の際、申込書に載っている情報が税金関係などほかの公的記録と完璧に合わないと認められないというもの。例えば、僕が以前に「パトリック・レイモンド・ハーラン」として運転免許を取ったら、「パトリック・ハーラン」では投票できない。「パックン」はもってのほか。前回、この制度で選挙登録できなかった人の80%が有色人種だったという。

選挙を直接仕切るのは州務長官。最高責任者は州知事。もちろん、住民は文句があったら選挙で2人を交代させればいい。実際に2年前の州知事選が「完全一致制度を導入した白人男性の州務長官vs選挙制度の改善を訴える黒人女性の州議会議員」という夢の対戦カードだった。当選したのは......州務長官。当然だ。その選挙も彼が仕切っていたのだから。

ジョージア州は昔、「南軍旗」をあしらった州旗を使っていたが、2003年に違うデザインの旗に変えた。でも、そろそろ戻すのでは?

【ポイント】
NOT BANNED AT GEORGIA POLLING PLACES
ジョージア州の投票所では禁止されていない

<本誌2020年6月30日号掲載>

【話題の記事】
NASCAR開幕戦「デイトナ500」をトランプ大統領が自ら先導
米シアトルで抗議デモ隊が「自治区」設立を宣言──軍の治安出動はあるか
巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされた黒人の遺体発見が相次ぐ

20200630issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年6月30日号(6月23日発売)は「中国マスク外交」特集。アメリカの隙を突いて世界で影響力を拡大。コロナ危機で焼け太りする中国の勝算と誤算は? 世界秩序の転換点になるのか?

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

中国ロケット残骸、9日までに大気圏再突入の予想=米

ワールド

アングル:乾燥化進むブラジル、「貯水の森」再生目指

ビジネス

アングル:ワクチンパスポートは航空業界の「救世主」

ビジネス

焦点:投資家がアジア国債保有見直し、相対的に安全な

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中