コラム

絶滅危機の動物が生ぬるい温暖化対策に抗議!(パックン)

2019年06月06日(木)17時10分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
絶滅危機の動物が生ぬるい温暖化対策に抗議!(パックン)

Save Us Please! / (c) 2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<民主党が温暖化対策の「中道」と「極端」でもめているなかで、トランプは逆に石油採掘や石炭火力発電を推進している>

⚡☠@!はなんと読むか分かる? 漫画などでよく見るものだが、実はお下劣すぎてアメリカの上品な紙媒体では文字に起こせない言葉だ(#&%などを使うこともある)。幸いに、日本の紙媒体なら問題ないはず。正解は大体shitかfuckかだ。どちらかは文脈で推測できる。「Holy ⚡☠@!」や「In deep ⚡☠@!」など、名詞として使うときはshit。「⚡☠@! off」や「⚡☠@!up」のように動詞として使う場合はfuck。ぜひ覚えて、自らは一切使わないでください。

ここでは3人が「Fuck your "middle ground" approach(折衷案なんて死んでしまえ!)」と、climate change(気候変動)への中途半端な政策に激怒を表明している。しかし、彼らの前を忙しそうに通りすぎる男は Those crazy tree-hugging liberals get weirder looking every day!(環境保護主義のおかしなリベラルたちが日に日に奇妙な外見になっていく!)と片付けてしまう。

でも、3人はリベラルではなく、絶滅に瀕している動物たち。話題の国連の報告によると、彼らウミガメ、ホッキョクグマ、サイも含めて絶滅の危機にある動植物はなんと100万種に上る。全地球に800万種ぐらいしかいないのに、その12%を超えるものが人間のせいで姿を消そうとしている。チーターもトラもゴリラもキリンもイルカも。不思議なことに、数が減らないのは公害になるもの。カラス、ゴキブリ、政治家......。

すみません。アメリカのユーモアを支える政治家バッシングをついやってしまうが、もちろん頑張っている政治家もいる。来年の選挙に備えて、米民主党の有力大統領候補のほとんどは「グリーン・ニューディール」という大胆なエネルギー改革を公約している。しかしこれは極端すぎて非現実的と考えるトップ候補のジョー・バイデン前副大統領は、保守派の国民にも支持され、立法できるような妥協策を目指している。パリ協定離脱を撤回したり、CO2(二酸化炭素)排出量が石炭より少ない天然ガスの発電を推進するという。

確かに政治的に現実味のある計画だが、「地球にとっては物足りない!」と、動物だけではなく多くのリベラルが怒っている。(せっかくだから名前にちなんで、彼は日本みたいに個人が太陽光や風力で発電した電気を簡単に売れる制度を全米に広めればいいと思う。ジョー売電!)

しかし、民主党が温暖化対策の「中道」と「極端」とでもめているなか、トランプ政権は燃費規制を緩めたり、石油採掘や石炭火力発電を推進したりして、逆に温暖化を進めようとしている。しかも世論調査によれば、トランプはどの民主党候補にも次の選挙で勝ちそうだ。⚡☠@!!

<本誌2019年6月11日号掲載>

20190611issue_cover200.jpg
※6月11日号(6月4日発売)は「天安門事件30年:変わる中国、消せない記憶」特集。人民解放軍が人民を虐殺した悪夢から30年。アメリカに迫る大国となった中国は、これからどこへ向かうのか。独裁中国を待つ「落とし穴」をレポートする。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    韓国人の日本に対する好感度は上昇、いっぽう日本人…

  • 10

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!