コラム

中国共産党がサンタを打倒する理由

2018年01月10日(水)11時00分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/李小牧(作家・歌舞伎町案内人)
中国共産党がサンタを打倒する理由

©2018 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<もはや宗教行事とも言えないクリスマスを祝うイベントを禁止するのは、自分たちの文化や伝統に対する自信のなさの表れ>

読者の皆様、新年好(新年おめでとう)!

多くの中国人にとっては旧暦の春節が新しい1年のスタート。太陽暦の1月1日はそれほど大きな記念日ではないが、それでも家族でレストランに行くなど、それなりにこの「洋節(西洋イベント)」を楽しむ。

現在の中国人にとって、一番大きな西洋イベントは「聖誕節(クリスマス)」だ。キリスト教徒でもないのに、街に繰り出して日本人顔負けのバカ騒ぎをする。

この動きにいら立つわが故郷・湖南省の共産党組織が昨年末、「洋節を祝うな!」と幹部の党員に指示。それだけでなく、クリスマスパーティーにこっそり参加した幹部の名前を通報するタレこみ電話を設置した。各地で大学が学生に「クリスマスにおけるバカ騒ぎ禁止令」を出すケースも相次いだ。

トップの習近平(シー・チンピン)が直接の指示を出したわけではなく、地方組織や大学がそろって忖度したらしい。「震源」は、17年1月に国務院が発した「中国の伝統的な祝日をもっと盛り上げよ」という方針のようだ。

さらに中国の熱狂的な毛沢東支持者は、「中国人はクリスマスでなく毛沢東の誕生日を祝え、毛沢東が中国の聖人だ!」と街頭で叫んだ。中国以外では知られていないが、共産中国を建国した毛の誕生日はクリスマスの翌日、12月26日だ。

そもそも共産党員は宗教を信じることを禁止されている。だからといって、もはや宗教行事と言えないバカ騒ぎを禁止し、やたら「中国伝統の祝日押し」をするのは、逆に自分たちの文化や伝統に対する自信のなさの表れでしかない。

「清く正しい」共産主義を信じたまま死んだ毛沢東だが、今の中国にはびこっているのはカネだけが正義の拝金教だ。昨年暮れに私がプレゼンテーターとして参加したマカオ国際映画祭について、ある有名中国人女優が「賞の受賞者は初めから決まっている!」とブチ切れる騒ぎが起きた。今の中国で栄誉を勝ち取るのに必要なのはコネ、そしてカネだ。

毛沢東がもし「聖誕老人(サンタクロース)」としてキャッシュレス化が進む今の中国に復活したら......配るのは配給券でも現金でもなく、支付宝(アリペイ)の紅包かもしれない。

【ポイント】
支付宝(アリペイ)

支付宝はアリババが始めたモバイル決済サービス。中国を一気にキャッシュレス社会に変えた。

紅包(ホンパオ)
ご祝儀の意味の中国語。支付宝の紅包システムを利用して、ユーザー同士がキャッシュレスな祝儀を贈り合っている。

本誌2018年1月16日号[最新号]掲載


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

豪中銀、当面は金利据え置きへ=ロウ総裁

ワールド

原油先物に売り、WTIは7週連続下落へ

ワールド

伊政府、橋崩落事故で運営会社の調査開始 罰金科す可

ビジネス

トランプ米大統領がドル高評価、「経済は堅調」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 3

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 4

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

  • 7

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 8

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 9

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 10

    「慰安婦像」計画を却下した金正恩が、強硬路線に方…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!