コラム

成功した社会起業家でも生き方に迷う

2015年10月22日(木)17時24分
成功した社会起業家でも生き方に迷う

モデル不在 時代の変わり目になると若者は新しい生き方を模索し始めるが andresr-iStock.

 サイショアツヨシくんという若い友人がいる。税所篤快。早稲田大学の学生だったころにバングラデシュでの教育支援に取り組み、最貧の村から最難関ダッカ大学の合格者を輩出して話題になった。さらにはアフリカの未承認国家ソマリランドに乗り込んで、初めての大学院を立ち上げるという快挙。本もたくさん書いている。

 これだけ聞くと輝かしい経歴の若者に見えるけれど、実際に会って話すといつも困ってる。飄々とした表情なんだけど、そのわりにいつも悩んで苦しんでいる。

 最初に会ったのは、2013年のことだ。クラウドファンディングREADYFORの米良はるかさんを、週刊誌AERA「現代の肖像」で取りあげた時の周辺インタビューのためだった。ひととおり話を聞くと、サイショくんは悩みを打ち明け始めた。

「大企業に行ったほうが良かったのか、今のような仕事をしていて大丈夫なのか、不安でたまらないんですよ」という。大手外資系企業や人気の広告企業に就職した同級生たちと、どうしても自分を比べてしまう。「彼らの方が、大企業の中で育ってるんじゃないか。自分は何にもないんじゃないか。そう考えちゃうんですよ」

 だから大学をを卒業する前に、人なみに就職活動をしてみたんだという。でも内定はひとつも取れなかった。ますます不安になる。友人の米良さんに相談すると、こう言われた。

「なんで就活するの? いまサイショくんがやってることは、サイショくんにしかできないじゃない」

 結局、就職活動をあきらめたサイショくんが米良さんに「もう就活はやめたよ」と電話で話すと、米良さんはこう返したという。「おめでとう」

 時代の変わり目がやってくると、新しい生きかたや働き方、新しい世界をどう作るかを模索する若者たちが現れてくる。いまがまさにそうだ。でも転換期というのは、ロールモデルがいないし、先導してくれる人もなかなか現れない。おまけに先走ったことをしていると、後ろからやってくる多くの人たちには理解されにくい。だから容易に批判されてしまう。だからサイショくんの悩みはそうかんたんには解消しない。

取材した相手に自分の悩みをぶつけてみた本

 サイショくんが最近、新しい本を出した。『若者が社会を動かすために』(ベスト新書)というタイトル。前半は自分自身の話で、後半では若者たち8人にインタビューする内容になっている。すごい行動力でさまざまな活動をしている人たちばかりなのだが、面白いのは活動や人となりの紹介だけが描かれているのではなく、サイショくんが自分自身の人生の悩みをぶつけて、それに彼らがどう答えているのかを書いていることだ。

プロフィール

佐々木俊尚

フリージャーナリスト。1961年兵庫県生まれ、毎日新聞社で事件記者を務めた後、月刊アスキー編集部を経てフリーに。ITと社会の相互作用と変容をテーマに執筆・講演活動を展開。著書に『レイヤー化する世界』(NHK出版新書)、『キュレーションの時代』(ちくま新書)、『当事者の時代』(光文社新書)、『21世紀の自由論』(NHK出版新書)など多数。

ニュース速報

ビジネス

ANAとJALの会員情報流出、予約システム会社にサ

ビジネス

英中銀、回復への下向きリスクに強く対抗すべき=ハス

ビジネス

米長期金利上昇、インフレ懸念でなく回復期待を反映=

ワールド

米上院民主、失業給付加算縮小で合意 コロナ追加対策

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 2

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    コロナ禍での「顧客データ危機」を回避せよ DX時代、オ…

  • 10

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 6

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 7

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    バブルは弾けた

  • 10

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!