コラム

ヌード写真にドキュメントされた現代中国の価値観

2019年07月17日(水)11時50分
ヌード写真にドキュメントされた現代中国の価値観

From Luo Yang @luoyangggg

<世界的に名が知られるようになってきた中国の写真家、ルオ・ヤン。彼女の代表作「Girls」の被写体は、反体制的でも社会のはみ出し者でもないが、典型的な中国人でもない>

時代と場所――この2つの要素はしばしば、才能のある写真家をさらに大きく飛躍させる。現在の中国は、現代写真という意味において、この地球上でそれを実現し続けている数少ない空間の1つだ。さまざまな政治・社会的激動と、それが生み出す新たな価値観、あるいは葛藤の中で、優れた写真家が現れ続けている。

今回取り上げるのはその1人、中国東北地方(旧満州)、遼寧省の瀋陽に生まれ、現在は北京と上海をベースに活動するルオ・ヤン、35歳である。彼女のビジュアル・バックグラウンドはグラッフィクデザインだが、写真に対する興味と自身の才能に気付いて転向。ここ数年はEU諸国で個展を開き、アメリカでも著名な雑誌に作品が取り上げられるなど、その名が世界的に知られてきている。

中国の今を切り取るポートレート写真家、と言ってもいい。代表作は「Girls」だ。被写体の女性たち(ときに男性も含まれる)は、ヤン自身が述べているように、典型的な中国人ではない。かといって、別に尖った人々、反体制的であったり、あるいは社会のはみ出し者やパンクな人々というわけでもない。

安定よりも自由と夢を求め、自分が選んだ道で自信と自立心を持ちながら生きている人々だ。それが、彼女がここ10年ほどかけて本格的に追い続けている被写体である。

多くの写真がヌード、あるいはセミヌードである。ただし典型的な男性的価値観がしばしば望むだろうタイプの、しとやかなエロスや、逆にセックスアピールを強く押し出したエロスでは全くない。

また、このブログで過去に紹介した故レン・ハンに見られる、ブラックユーモア的でキッチュなヌードでもない(「世界が共感するヌード写真家レン・ハン、突然の死を悼む」参照)。ヤンの作品は、セクシュアリティは維持しながらも、ストレートであるかゲイやLGTBであるかとは関係なく、ジェンダーを超えた、静かな自尊心と威厳に満ちている。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

ミャンマー警官19人がインドへ逃亡、国軍の命令拒否

ビジネス

米新規失業保険申請74.5万件に悪化、南部の大寒波

ワールド

ドイツ、EUによる入国制限の緩和要請を拒否

ワールド

欧州医薬品庁、ロシアの新型コロナワクチンの審査を開

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 5

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 6

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    アメリカは2022年北京五輪をボイコットする?

  • 9

    習近平国賓来日は延期でなく中止すべき

  • 10

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 3

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!