コラム

ヌード写真にドキュメントされた現代中国の価値観

2019年07月17日(水)11時50分
ヌード写真にドキュメントされた現代中国の価値観

From Luo Yang @luoyangggg

<世界的に名が知られるようになってきた中国の写真家、ルオ・ヤン。彼女の代表作「Girls」の被写体は、反体制的でも社会のはみ出し者でもないが、典型的な中国人でもない>

時代と場所――この2つの要素はしばしば、才能のある写真家をさらに大きく飛躍させる。現在の中国は、現代写真という意味において、この地球上でそれを実現し続けている数少ない空間の1つだ。さまざまな政治・社会的激動と、それが生み出す新たな価値観、あるいは葛藤の中で、優れた写真家が現れ続けている。

今回取り上げるのはその1人、中国東北地方(旧満州)、遼寧省の瀋陽に生まれ、現在は北京と上海をベースに活動するルオ・ヤン、35歳である。彼女のビジュアル・バックグラウンドはグラッフィクデザインだが、写真に対する興味と自身の才能に気付いて転向。ここ数年はEU諸国で個展を開き、アメリカでも著名な雑誌に作品が取り上げられるなど、その名が世界的に知られてきている。

中国の今を切り取るポートレート写真家、と言ってもいい。代表作は「Girls」だ。被写体の女性たち(ときに男性も含まれる)は、ヤン自身が述べているように、典型的な中国人ではない。かといって、別に尖った人々、反体制的であったり、あるいは社会のはみ出し者やパンクな人々というわけでもない。

安定よりも自由と夢を求め、自分が選んだ道で自信と自立心を持ちながら生きている人々だ。それが、彼女がここ10年ほどかけて本格的に追い続けている被写体である。

多くの写真がヌード、あるいはセミヌードである。ただし典型的な男性的価値観がしばしば望むだろうタイプの、しとやかなエロスや、逆にセックスアピールを強く押し出したエロスでは全くない。

また、このブログで過去に紹介した故レン・ハンに見られる、ブラックユーモア的でキッチュなヌードでもない(「世界が共感するヌード写真家レン・ハン、突然の死を悼む」参照)。ヤンの作品は、セクシュアリティは維持しながらも、ストレートであるかゲイやLGTBであるかとは関係なく、ジェンダーを超えた、静かな自尊心と威厳に満ちている。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

シンガポール、第2四半期に景気後退入り 過去最悪

ワールド

台湾外相、米厚生長官と会見「中国が台湾に圧力、第2

ワールド

バイデン氏、今週半ばにも副大統領候補を発表=関係筋

ワールド

豪就業者数、7月はほぼ横ばい ビクトリア州では減少

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 8

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!