コラム

ヌード写真にドキュメントされた現代中国の価値観

2019年07月17日(水)11時50分
ヌード写真にドキュメントされた現代中国の価値観

From Luo Yang @luoyangggg

<世界的に名が知られるようになってきた中国の写真家、ルオ・ヤン。彼女の代表作「Girls」の被写体は、反体制的でも社会のはみ出し者でもないが、典型的な中国人でもない>

時代と場所――この2つの要素はしばしば、才能のある写真家をさらに大きく飛躍させる。現在の中国は、現代写真という意味において、この地球上でそれを実現し続けている数少ない空間の1つだ。さまざまな政治・社会的激動と、それが生み出す新たな価値観、あるいは葛藤の中で、優れた写真家が現れ続けている。

今回取り上げるのはその1人、中国東北地方(旧満州)、遼寧省の瀋陽に生まれ、現在は北京と上海をベースに活動するルオ・ヤン、35歳である。彼女のビジュアル・バックグラウンドはグラッフィクデザインだが、写真に対する興味と自身の才能に気付いて転向。ここ数年はEU諸国で個展を開き、アメリカでも著名な雑誌に作品が取り上げられるなど、その名が世界的に知られてきている。

中国の今を切り取るポートレート写真家、と言ってもいい。代表作は「Girls」だ。被写体の女性たち(ときに男性も含まれる)は、ヤン自身が述べているように、典型的な中国人ではない。かといって、別に尖った人々、反体制的であったり、あるいは社会のはみ出し者やパンクな人々というわけでもない。

安定よりも自由と夢を求め、自分が選んだ道で自信と自立心を持ちながら生きている人々だ。それが、彼女がここ10年ほどかけて本格的に追い続けている被写体である。

多くの写真がヌード、あるいはセミヌードである。ただし典型的な男性的価値観がしばしば望むだろうタイプの、しとやかなエロスや、逆にセックスアピールを強く押し出したエロスでは全くない。

また、このブログで過去に紹介した故レン・ハンに見られる、ブラックユーモア的でキッチュなヌードでもない(「世界が共感するヌード写真家レン・ハン、突然の死を悼む」参照)。ヤンの作品は、セクシュアリティは維持しながらも、ストレートであるかゲイやLGTBであるかとは関係なく、ジェンダーを超えた、静かな自尊心と威厳に満ちている。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

米NHTSA、新車安全性能評価プログラムの見直し再

ワールド

景気低迷時、財政出動の役割大きい=英中銀総裁

ワールド

シンガポール経済、今年は「幸運なら」プラス成長=首

ワールド

焦点:米中貿易、ほぼ全面的な関税が「新標準」化の恐

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 4

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 5

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 8

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 9

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 9

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!