コラム

ウガンダのナイトライフ写真集『Fuck It』に、フォトジャーナリストが辿りついた理由

2019年01月31日(木)11時45分

加えて、被写体の選択もステレオタイプとは少し違う。カンパラに在住している白人たちも意図的に取り込んでいるのだ。そうすれば、ビジュアル的には弱くなるかもしれないのに――。

だが、彼ら白人たちも、そしてシビローニ自身も、紛れもなくカンパラのナイトライフに関わっている要素だ。彼らを省くことは不正直になるような気がすると、シビローニは言う。

シビローニのパーソナル・プロジェクトは、既に触れたように、全て「夜」に絡んだものだ。幼い頃、父親が車でよくナイトクルーズに連れて行ってくれたことに端を発しているのかもしれないと、彼は述懐する。

ラジオを聴きながら見た景色の美しさがまとわりつくようになった。子供は一人では夜に出歩けなかったから、より一層、夜に興味と親しみを持つようになった。彼はそう話す。17歳になる頃には、退屈さから逃れるため、クラブやレイブにハマっていた。そうした彼の過去、子供時代の記憶も、メタファーとなり、作品に作り物でない匂いを与えているのだろう。

加えて、シビローニの「夜」に対するアプローチは、彼自身のパーソナルな部分だけでなく、ドキュメンタリー・フォトジャーナリズムの機能も果たしている。『Fuck It』の作品が表す夜のカンパラは、宗教的な敬虔さがしばしば強く現れる昼と大きなコントラストを成す。昼、人々はさまざまなことで問題を抱え、もがき苦しんでいるけど、夜はそれを忘れ楽しんでいるのだと、彼は語る。

それが大きなテーマの1つだ。実際、『Fuci It』のタイトルも、彼が出会った女性の太ももの刺青からきている。イヤなことなんか全てファックしてしまいな、というように(上の組み写真の5枚目参照)。

2020年に出版予定の『Nsenene Republic(バッタの共和国)』も、夜のシリーズだが、こちらは大きな社会的メッセージを含んでいる。貧しさゆえ、バッタ(昆虫)を採集し食物としなければならないウガンダの文化を、夜を舞台にシュールに扱ったものだ。

「写真家になった理由は?」という質問に、彼はこう答えた。

「(写真が)遠いところに連れて行ってくれそうな感じがしたから」

まだまだ新たなる世界に羽ばたきそうだ。

今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
Michele Sibiloni @michelesibiloni

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

中国との「第1段階」の通商合意、署名近い=米大統領

ビジネス

トランプ氏、講演でFRB再批判 通商交渉巡る新情報

ビジネス

米ボーイング、10月の新規受注は10機 年初からは

ワールド

米大統領補佐官代行、証言求める召喚状提訴せず 弾劾

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 2

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

  • 3

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 4

    女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

  • 5

    日本アニメはネットフリックスを救えるか?

  • 6

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 7

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 8

    「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

  • 9

    雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

  • 10

    【鬱憤】なぜ多くの韓国人、特に若者は鬱憤を感じる…

  • 1

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 6

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 7

    ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

  • 8

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 9

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 10

    10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!