コラム

クルド民族運動指導者タラバーニの死

2017年10月06日(金)15時45分

PUKがKDPから分派した理由は、74年にKDP率いるクルド勢力がイラク中央政府と全面対決し、大敗北を喫したことにある。それまで資金援助してきたシャー時代のイランとその背景にあったアメリカに手のひらを返され、孤立無援となったバルザーニはほうほうの体でイラクから脱出、イランに亡命した。バルザーニのカリスマ性で維持されてきたKDPは瓦解、それを契機にしてシリアに亡命していたタラバーニたちがPUKを結成したのである。

以降、10年間にわたりイラク国内のクルディスタンでゲリラ活動を続けてきたのは、主としてPUKだった。フセイン政権はバルザーニ一族の一部を一時的に閣僚に登用する一方で、PUKを和平交渉に誘うなど、KDPとPUKの対立関係をうまく利用しながら、クルディスタンの分断を図ってきた。

そのKDPとPUKが再び行動を共にしたのは、1991年湾岸戦争以降のことである。湾岸戦争後、フセイン政権の弾圧を恐れたクルド民族が大量に国外に流出して難民化したことから、国際社会は北緯36度線以北をイラク政府に対して飛行禁止空域と設定した。北緯36度線以北とは、今のクルディスタンの領域と合致するわけではないが、クルディスタンの中心都市であるアルビルとドゥホークが含まれる。

ここに中央政府の影響力から逃れて、反政府活動を展開するには好都合な環境が生れた。そして1992年に初めての選挙が実施され、クルディスタン議会と自治政府を選出、実質的に半独立体としてのクルディスタンが成立した。選出された議会は、KDPとPUKがほぼ二分するものとなった。

ともに選挙でクルディスタン自治政府を、ひいては独立により近い政体を目指していく、との合意のもとに協力したKDPとPUKだったが、その共闘は長く続かない。クルディスタンの自立化を面白く思わないイラクのフセイン政権は1996年、バルザーニを抱き込んでPUKを孤立化させた。

クルディスタンという狭い政局で勝利を得るために、マスウード・バルザーニはクルディスタンの自立を犠牲にして、イラク政府と手を組んだのである。KDPとPUKが再び共闘するのは1998年だが、これはしぶとく生き残るフセイン政権に業を煮やした米政権が、反政府活動の拠点としてのクルディスタンを重視し、両党の仲介に乗り出したからであった。

まとめれば、クルディスタンの二大政党は歴史的に、アメリカやイラク政府との駆け引きを前提に、対立したり共闘したりを繰り返してきたのである。依存した相手に煮え湯を飲まされてきた過去の経験は、果たして現在のクルド勢力に活かされているのだろうか? 住民投票の実施に対するアメリカの反対やイラク政府の激しい反発など、クルディスタンを苦境に陥れている障害はあっても、なんとか乗り越えられると見越しているのだろうか?

ところで、タラバーニに代表されるPUKが70~80年代には左派知識人の支持を得ていたと述べた。封建的支配のバルザーニ一族に比べて、PUKはリベラルなイメージを持っていたことは確かだ。だが、サッダーム・フセインよりも長く一党の指導者であり続けたタラバーニもまた、独裁者としての性格を強めていった。

90年代、クルディスタンで反政府活動を行っていた左派活動家がこのように述べていたことを思い出す。「思想的傾向でいえばPUKのほうが近いのだが、タラバーニの支配体制はフセイン政権以上に厳しく、独裁的だ。むしろKDPのほうがバルザーニの悪口さえいわなければ、自由に活動させてくれる」。本来部族的なカリスマ性とは無縁なはずのタラバーニなのに、結果的にはPUKもまたタラバーニの親族で固められていった。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。
コラムアーカイブ(~2016年5月)はこちら

ニュース速報

ワールド

アングル:イランの対米軍攻撃、人命救った謎の「事前

ビジネス

米国株、主要3指数が最高値 米中指標好調で世界経済

ビジネス

ドル上昇、堅調な米指標受け景気減速懸念が後退=NY

ワールド

米、NYなど3空港でコロナウイルス検査 武漢からの

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 7

    イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

  • 8

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!