コラム

共和党に分裂の気配、どうなる米政局

2022年07月27日(水)15時30分

24年大統領選への出馬意欲を見せているトランプ Sarah Silbiger-REUTERS

<バイデン政権の不人気から中間選挙で優勢と見られていた共和党だが......>

アメリカの政局は、まず残り3カ月強となった11月の中間選挙が注目されます。中間選挙といっても、上院の3分の1と下院の全員が改選される大規模な国政選挙です。同時に知事選、地方議会選などが重なる地区もあります。また、中間選挙が終わると、2024年の大統領選の投票までは残り2年を切ることとなり、今度は大統領選が本番を迎えます。

このアメリカの政局ですが、現在では3つの力学が働いていると考えられます。まず、1つ目はバイデン政権与党の民主党と、野党・共和党の対決です。こちらは、バイデン大統領の支持率がじわじわと低下しています。政治サイト「リアル・クリア・ポリティクス」による世論調査の平均値では、支持が37.4%、不支持が56.8%となっており、完全に危険水域です。このバイデン不人気を受けて、中間選挙では下院は共和党が優勢、上院ももしかしたら共和党が過半数を超えるかもしれないと言われています。

2つ目は、与党である民主党内の分裂です。バイデン大統領の現在の不人気に加えて、高齢不安ということも重なって、バイデン氏では2024年は戦えないという声が、民主党内で少しずつではありますが大きくなっています。仮に、民主党内でのポスト・バイデンをめぐる争いが始まると、党内の左派と穏健派の間に激しいバトルが起きる可能性があります。

そうした党内対立は中間選挙後という見方が多かったのですが、もしかすると早まるかもしれません。7月26日に公表されたCNNの調査によれば「民主党支持者の75%は24年の大統領選はバイデン以外の候補に入れたい」と考えているそうで、かなりショッキングな数字ではあります。バイデンの不出馬宣言なども含めて、民主党内で波乱が起きる可能性も出てきました。

調査委員会で明るみになった事実

3つ目は、共和党の分裂です。共和党では、トランプ岩盤支持層が全国に有権者の15%前後はいると言われる中で、トランプ派が党を「ジャック」したような形となっていました。その結果として、「仮にトランプが2024年の大統領選に出馬するのであれば、自動的に指名される」という見方が大勢を占めていたのです。

ところが、ここへ来て「どうもそうでもない」というムードが出てきました。そのキッカケを作ったのは、議会下院が行なっている「1月6日調査委員会」の活動です。これは、前回の大統領選の直後、2021年1月6日に起きた議会乱入暴動事件について、「その際にトランプ自身がどの程度関与していたか」を調査する目的で行われています。

民主党が主導しての「党派的な政治ショー」という冷ややかな見方があったのも事実であり、また延々と行われる宣誓証言の内容も「爆弾発言」とまではいっていません。例えば、トランプ政権のメドウス主席補佐官のスタッフであった、キャシディ・ハチンソン氏の証言では、暴動が発生した際に、トランプは専用車を議会に向かうよう指示したが、周囲に止められたという内容が話題になりました。

その際の「トランプがハンドルを奪おうとした」という証言については、証拠がないので世論も政界も半信半疑です。ただ、少なくともこの証言を契機として、暴動の行われた3時間の間に、大統領を警護していたシークレットサービスが組織内でやりとりしていたテキストメッセージが「一斉に消去されていた」という事実、あるいは問題の3時間の間に、暴力を収拾するための措置を、トランプが「一切行わなかった」ことも明るみに出ています。この調査委員会と並行して行われていた公判では、トランプ政権のブレーンであった、スティーブン・バノンが議会侮辱などの罪で有罪判決を受けています。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

訂正ビットコイン、5日続伸で6万ドル台視野 ETF

ワールド

バイデン政権、中ロへの個人データ移転制限へ 大統領

ワールド

ロシア軍、アブデーフカ近郊のステポベ制圧 ウクライ

ビジネス

トヨタ、第2回労使協議で賃上げ要求に回答せず 次回
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の差別扇動

  • 3

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で犯した5つの失策

  • 4

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 5

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウ…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 10

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story