コラム

選挙戦を再開させたトランプ、その「第一声」でスベる

2020年06月23日(火)16時30分
選挙戦を再開させたトランプ、その「第一声」でスベる

20日にタルサで開催されたトランプのラリー会場では空席が目立った Leah Millis-REUTERS

<いつもなら大規模集会「ラリー」で過激発言を連発するところだが、黒人差別抗議デモが全米に広がるなかで毒舌は抑制気味>

6月20日(土)、トランプ大統領はオクラホマ州タルサで、いわゆる「ラリー形式の選挙集会」を行いました。2期目を目指す夏の選挙戦における事実上のスタート「第一声」となる動きですが、事前から当日にかけて様々な騒動が続く、異常なイベントとなりました。

まず、問題になったのが場所とタイミングの選択でした。コロナ危機で中断を余儀なくされた選挙戦の再開を、中部大平原のオクラホマ州で開催するというのは、大統領の自由ですが、最初の計画通り6月19日にタルサで行うというのは、大いに物議を醸したのです。

まず6月19日というのは、リンカーンが南北戦争中に宣言した奴隷解放が、テキサス州に適用されることで、実質的に認知がされたのを祝う「ジューンティーンス」という記念日です。一方で、タルサという土地は、1921年にこの地において経済力を築きつつあった多数の黒人たちが虐殺された「タルサ人種虐殺」事件の記憶を抱えた場所でした。

ということは、6月19日に実施するとなると、場所と日付の相乗効果により「白人至上主義者」が人種差別反対デモへのカウンターとして集結してしまい、最悪の場合には2017年の夏に起きたシャーロッツビル事件のような暴力を誘発する危険もある、そうした指摘がされていました。

開催日程は1日繰り延べ

そこで大統領周辺は日程の1日繰延を余儀なくされたのです。一方で、「選挙集会は立錐の余地のない満員状態で行いたい」とする大統領側と、密集を避けたいという市当局の綱引きなどもありました。ですが、結果的に大統領は定員1万9000人のアリーナで実施し、しかもトランプ派ですから参加者の多くはマスクを着用しない状態でイベントは強行されたのでした。

その6月20日の「ラリー」ですが、2015年に選挙戦をスタートして以来、無数に実施されてきたいわば「ドナルド・トランプ・ショー」とでも言えるものです。会場には「MAGAキャップ」つまり、トランプのスローガンである "Make America Great Again" という標語を記した真っ赤な野球帽をかぶった支持者、あるいはバナーや国旗を掲げた支持者で一杯になり、異様な熱気に包まれるというのが通例でした。

それでは、今回の「2020年夏の選挙戦キックオフ」はどうだったのかというと、3つ指摘できると思います。

<参考記事:空席だらけのトランプ選挙集会は落ち目のしるし?

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

10月企業向けサービス価格、前年比0.6%低下=日

ワールド

米ホワイトハウス、バイデン氏への機密情報の提供を承

ビジネス

米デル、8─10月は予想外の増収 在宅勤務が追い風

ワールド

米FCC、中国ZTEの安全保障上の脅威認定を再確認

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 4

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 5

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 6

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 10

    暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!