コラム

選挙戦を再開させたトランプ、その「第一声」でスベる

2020年06月23日(火)16時30分

1つ目は、良くも悪くも抑制が効いていたという点です。過去のトランプは、例えば当選の勝利宣言であるとか、白人至上主義者による暴力事件が起きたときなどがそうですが、まずプロンプターを使って側近の原稿を読むスタイルでコメントを出すときは「下品な言い方や、対立を煽る表現は抑制して、中道的、そして国内融和を志向した内容を語る」ことが多いです。

これに対して、間隔をあまり空けずに「ぶら下がり」式の会見や、選挙集会ではそれこそ反対派が激怒するような「ホンネ丸出し」の内容でコア支持者の歓心を買うようにしていました。

つまり本音と建前を分かりやすく使い分けていたのです。この間のトランプは、白人警官の暴力で殺されたフロイド氏の家族に弔意を示したり、平和的なデモへの賛同を口にしたり、建前の世界を中心に動いていました。そんな中で、「この夏最初のラリー」となれば「ホンネの毒舌満開」というパターンになる順番と思われていました。

ですが、形式だけはベランメエの放談口調で演説を進行させるなかで、目立った「過激発言」は出てこなかったのです。新型コロナウイルスに関して、中国を批判しながら「カンフー」とか「チャイナ・ウィルス」などと言った部分、会場の外で行われたBLMデモに関して「悪いやつらだ」と言った部分、それから「検査を増やすと患者が増えるので検査を減らせ」という部分......露骨な放談というのはそのくらいで、全体的に極めて穏健な内容でした。

結果として、演説の全体は2時間近くに及んだものの、散漫な印象を与えたように思います。特に、陸軍大学(ウェストポイント)の卒業式に列席した際に、600回も敬礼をさせられて疲れたというエピソードの部分では、ダラダラと10分以上喋ったのですが、漫談としても面白くなく、また体調不良報道への言い訳にしては苦しく、シャープさに欠けていました。

疲労感丸出しの姿を撮られる

2つ目は、体制に緩みが出ているという点です。まずイベントの開催前に、すでにイベントスタッフとSPの計6人にCPR陽性者が出ていたというのが気になります。トランプは、ここ数カ月「マスクを徹底的に拒否」する一方で、出張先でも自分は「ノーマスクゾーン」に入って万全を期していたのですが、その管理体制に一種の変調が起きているような印象があります。

また、この20日のイベント終了後、トランプは深夜にエアフォースワンとヘリを乗り継いでホワイトハウスに戻っていますが、その際に真っ赤なタイを外してトボトボ歩く、疲労感丸出しの大統領の姿を写真に撮られています。これなども、体制に緩みが出ている証拠だと思います。

<参考記事:解任されたボルトンがトランプに反撃 暴露本の破壊力は大統領選を左右する?

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中