最新記事

トランプ

空席だらけのトランプ選挙集会は落ち目のしるし?

TikTok Teens Trounce Trump's 'Death Star' Campaign in Tulsa Turnout Tussle

2020年6月22日(月)18時05分
エミリー・ツァコル

新型コロナも黒人差別も無視のトランプ(6月20日、BOKセンター) Leah Millis-REUTERS

<トランプ陣営の事前予想100万人が大はずれで会場はガラガラ。選挙集会を必ず満員にしたトランプの力は過去のものか>

動画投稿アプリ「TikTok」の動画で、マカレナというダンスを踊る若者たち。彼らはオクラホマ州タルサで6月20日に行われたドナルド・トランプ大統領の選挙集会の妨害に成功した、と主張している。

その主張が本当かどうかはまだわからない。だが、20日にタルサのオクラホマ銀行センターアリーナで行われた集会の空席だらけの映像を見れば、2016年の選挙で見せたトランプの強さはもはや失われたのではないかという疑問がわくだろう。前回の選挙ではトランプは、選挙集会を常に満員にすることができたし、インターネットでもターゲットにした支持者を引き付けることができた。

フォーブスによれば、今回の集会の参加者は約6200人で、会場の最大収容人数の約3分の1だった。トランプの選挙陣営は集会直前、百万件のチケット申し込みがあったと発表し、会場に入りきれなかった人のための会場まで確保していたのに。

出席者が少なかったのは、入場券を申し込んで出席しないという独自のボイコット運動を展開したティーンエイジャーたちのせいかもしれない。

この運動は、ソーシャルメディアに投稿された動画を介して口コミで広がった。動画には、拡大した入場券の写真を背景に、マカレナを踊る若者たちの姿が映っている。

「手に入れたトランプ集会のチケットの前でマカレナを踊ろう。この席は空席間違いなし」などと、説明がついている。

上の階はガラガラ。中に入れなかった人のための会場も用意したのに。


Kポップ・ファンも同調

ニューヨークタイムズによれば、TikTokのムーブメントだけでなく、Kポップ・ファンもボイコットを行っていた。

最近のフォックスニュースの有権者を対象とした世論調査によれば、トランプは事実上の民主党大統領候補ジョー・バイデンに支持率で12%ポイント引き離されている。

タルサの選挙集会の出席者数が見込みより大幅に少なかったのは、TikTokのユーザーとKポップ・ファンのボイコットのせいもあったのではないかという質問に対し、トランプ陣営のブラッド・パースケール選挙対策本部長は21日に本誌に答えた。

「左翼とインターネット荒らしの連中はそう言って喜んでいるが、彼らは何もわかっていない」

「参加登録があれば、携帯電話の番号が本物かどうか確認する。架空の番号ならすぐに除外だ。偽の申し込みは、最初から予測に含まれていない」

<参考記事>Kポップファンは正義の味方? 差別的なハッシュタグを大量のファンカムで乗っ取り「浄化」
<参考記事>全米抗議デモでトランプが「宣戦布告」した極左集団アンティファの脅威は本当か

ニュース速報

ワールド

メキシコ、米J&Jなどコロナワクチンの後期臨床試験

ワールド

アークトゥルス、コロナワクチン初期臨床開始 第4四

ビジネス

中国新規融資、7月は9927億元に減少 広範な信用

ワールド

ロシア、新型コロナワクチン認可 世界初 安全性に疑

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 7

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 8

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 7

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月