最新記事

人種差別

Kポップファンは正義の味方? 差別的なハッシュタグを大量のファンカムで乗っ取り「浄化」

K-Pop Fans Flood QAnon Twitter Hashtags to Silence Conspiracy Theorists

2020年6月8日(月)18時10分
ジェイソン・マードック

トランプの訪問を待つ医療関連会社の従業員。会社のTシャツの下にはQアノンTシャツが(5月14日、ペンシルバニア州アレンタウン) Carlos Barria -REUTERS

<アイドル動画の大量投稿で差別的な意見を圧倒するKポップファンのオンライン政治活動が活気づいている。ハッカー集団アノニマスと共闘し、陰謀論のQアノンも標的に>

ツイッターの差別的なハッシュタグを乗っ取るアメリカのKポップ・ファンの活動が勢いづいている。今週は陰謀論の巣窟である「QAnon(Qアノン)」と匿名掲示板サイト4chanの荒らしに関係するハッシュタグに集中攻撃を仕掛けている。

韓国のポップミュージック・ファンは以前から、数の力を使った大量投稿で気に入らないメッセージをかき消すという活動を行っていた。そのとき投稿に使ったのが、「ファンカム(fan cam)」と呼ばれる、韓国アイドルの短いビデオクリップだ。

かつては「米国を再び偉大に」と訴える#MAGA(メイク・アメリカ・グレート・アゲイン)や#WhiteLivesMatter(ホワイト・ライブズ・マター、白人の命は大事)など人種差別的なツイッターのハッシュタグを乗っ取るSNSキャンペーンの先頭に立ち、大量の投稿でスレッドを埋め尽くし、差別的なメッセージが見つからないようにしたことがある。

その膨大な数を利用して、黒人差別の解消を求めるBLACK LIVES MATTER(BLM、ブラック・ライブズ・マター、黒人の命は大事)」デモの参加者の違法行為を映した動画を送信するためのダラス警察のモバイルアプリを、通信不能にしたこともあった。

5月25日に黒人のジョージ・フロイドがミネソタ州ミネアポリスで警察官に殺害された事件をきっかけに全米で反人種差別抗議行動が広がりだすと、Kポップファン層のこうした活動はさらに活発になった。

ハッカー集団が戦いに参加

Kポップファンのターゲットになったハッシュタグには大量の投稿が流れこむため、トピックの多くがソーシャルメディア・プラットフォームでトレンド入りする。だがトピックをクリックすると出てくるのは、K-POPビデオやGIF、ミームばかりというわけだ。6月4日には、トランプ政権を支持する陰謀論者の集団Qアノンが新たな標的になった。

Kポップファン集団による活動が活発になったのは、デジタル抗議運動のパイオニアとして知られる世界的なハクティビスト(政治的な動機でハッキングを行う活動家)のネットワーク「アノニマス」の復活と時を同じくしていた。Kポップファンとリンクしたアノニマスの新しいムーブメントは#OpFanCamのハッシュタグのもとで展開されている。

700万人以上のフォロワーがいるアノニマスのツイッター@YourAnonNewsには、6月3日にこんなツイートが投稿された。「匿名のすべてのKポップの仲間たちよ! 地球をハックしよう!」

「われわれはみんなにBlackLivesMatter(BLM、黒人の命は大事)を理解してほしいし、BLMキャンペーンのために、あらゆる手を尽くすつもりだ。問題は警察の残虐行為であり、不当な人種差別のシステムだ」という5月31日のアノニマスのツイートは、最終的に10万件以上の「いいね」を集めた。

アノニマスの別のアカウント、@YourAnonCentralは、Qアノンのハッシュタグを再び標的とし、KPOPファンと一緒に攻撃すると宣言した。

<参考記事>ハッカー集団アノニマスが陰謀論のQAnonに宣戦布告
<参考記事>トランプ政権を支える陰謀論「QAnon」とは何か

ニュース速報

ビジネス

アングル:米短期国債利回りマイナス化の恐れ、早期解

ワールド

トルコ裁判所、ゴーン被告逃亡関与の航空会社幹部と操

ワールド

韓国中銀、政策金利を0.50%に据え置き 市場の予

ワールド

「独裁的な敵対国」中国への対抗、米安全保障の鍵=C

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 4

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 5

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 6

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 7

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 8

    「4万2000年前の地磁気逆転が地球環境を大きく変化さ…

  • 9

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 10

    米欧の研究で分かった、ポピュリスト政党の倒し方

  • 1

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 2

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    ラッド元豪首相の警告「習近平は毛沢東になりたがっ…

  • 10

    米投資会社ブラックロックがビットコインに投資!金…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月