最新記事

ハッカー

ハッカー集団アノニマスが陰謀論のQAnonに宣戦布告

Anonymous vs. QAnon: Hackers Target Conspiracy Theory

2018年8月8日(水)17時53分
ジェイソン・マードック

仮面をつけてニューヨークの14丁目を行進するアノニマスのメンバー Shannon Stapleton-REUTERS

<トランプ支持者に陰謀論を吹き込むQAnonに、ハッカー集団アノニマスが怒りの挑戦状。すでにQAnonフォロワーらしき人々の個人情報がさらされ始まっている>

国際ハッカー集団「アノニマス」が、陰謀論でトランプ政権を擁護する「Q」とその支持者の総称である「QAnon(Qアノン)」にインターネット上で宣戦布告した。活動を妨害し、フォロワーの正体を暴くという。

【参考記事】トランプ政権を支える陰謀論集団「QAnon」とは何か

8月5日、アノニマスのツィッターのアカウント@YourAnonNewsに「QAnon作戦」と名付けられた動画が投稿された。アカウントには160万人のフォロワーがいる。

「われわれには計画がある」と、動画のなかでアノニマスは宣言した。「情報弱者や教育のない人々を利用するおまえたち(QAnon)を、このまま黙って放っておくわけにはいかない。われわれの集団は、異なる人格の集まりで、個々がそれぞれの事情をかかえているが、ひとつだけ共通するものがある。それはおまえたちのばかげた話に頭にきているということだ」

QAnonはアメリカのアングラ掲示板4チャンネルをはじめとするインターネットの闇の領域から派生した陰謀論集団でその正体は不明。「ザ・ストーム」とも呼ばれ、ドナルド・トランプ大統領が、アメリカ政府上層部のエリートによる陰謀や児童売買と秘かに戦っていると主張する。共和党支持者の女優ロザンヌ・バーも、QAnonの支持者の一人だ。

QAnonの投稿にはたいてい暗号のようなメッセージが含まれており、それをトランプ政権との関係を示す証拠と見る人々もいる。それ以外の人にとっては、単なる与太話だ。

抗議のためのサイバー攻撃

Qの投稿は、2016年に浮上した陰謀説「ピザゲート事件」にもしばしば触れている。ワシントンのピザレストランを拠点とする小児性愛の地下組織に、民主党の大統領候補だったヒラリー・クリントンが関与しているという話だ。この話を真に受けて証拠を掴もうと思った男が同年12月、銃を携えてピザレストランに押し入った事件も起きたが、もちろん、店には地下組織もクリントンが関与する陰謀もなかった。ネット上の噂にすぎない。

だがそれ以来、小児性愛組織に関するこの事実無根の陰謀論は、極右勢力を代表する主張となっている。

アノニマスは、ハッカーと政治活動家の自由な集団であり、リーダーや指令系統は存在しない。抗議手段として攻撃的な書き込みをする「荒らし」や情報のリーク、サイバー攻撃によるシステム妨害などを行うことで知られている。

QAnonと同様、ネット掲示板4チャンネルから派生した集団で、メンバーがつける仮面がシンボルだ。 過去には新興宗教サイエントロジー教会や、白人秘密結社KKK(クー・クラックス・クラン)にサイバー攻撃を仕掛けたこともある。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす人民解放軍

  • 2

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 3

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未接触部族」の権利

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらし…

  • 7

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月