最新記事

ハッカー

ハッカー集団アノニマスが陰謀論のQAnonに宣戦布告

Anonymous vs. QAnon: Hackers Target Conspiracy Theory

2018年8月8日(水)17時53分
ジェイソン・マードック

仮面をつけてニューヨークの14丁目を行進するアノニマスのメンバー Shannon Stapleton-REUTERS

<トランプ支持者に陰謀論を吹き込むQAnonに、ハッカー集団アノニマスが怒りの挑戦状。すでにQAnonフォロワーらしき人々の個人情報がさらされ始まっている>

国際ハッカー集団「アノニマス」が、陰謀論でトランプ政権を擁護する「Q」とその支持者の総称である「QAnon(Qアノン)」にインターネット上で宣戦布告した。活動を妨害し、フォロワーの正体を暴くという。

【参考記事】トランプ政権を支える陰謀論集団「QAnon」とは何か

8月5日、アノニマスのツィッターのアカウント@YourAnonNewsに「QAnon作戦」と名付けられた動画が投稿された。アカウントには160万人のフォロワーがいる。

「われわれには計画がある」と、動画のなかでアノニマスは宣言した。「情報弱者や教育のない人々を利用するおまえたち(QAnon)を、このまま黙って放っておくわけにはいかない。われわれの集団は、異なる人格の集まりで、個々がそれぞれの事情をかかえているが、ひとつだけ共通するものがある。それはおまえたちのばかげた話に頭にきているということだ」

QAnonはアメリカのアングラ掲示板4チャンネルをはじめとするインターネットの闇の領域から派生した陰謀論集団でその正体は不明。「ザ・ストーム」とも呼ばれ、ドナルド・トランプ大統領が、アメリカ政府上層部のエリートによる陰謀や児童売買と秘かに戦っていると主張する。共和党支持者の女優ロザンヌ・バーも、QAnonの支持者の一人だ。

QAnonの投稿にはたいてい暗号のようなメッセージが含まれており、それをトランプ政権との関係を示す証拠と見る人々もいる。それ以外の人にとっては、単なる与太話だ。

抗議のためのサイバー攻撃

Qの投稿は、2016年に浮上した陰謀説「ピザゲート事件」にもしばしば触れている。ワシントンのピザレストランを拠点とする小児性愛の地下組織に、民主党の大統領候補だったヒラリー・クリントンが関与しているという話だ。この話を真に受けて証拠を掴もうと思った男が同年12月、銃を携えてピザレストランに押し入った事件も起きたが、もちろん、店には地下組織もクリントンが関与する陰謀もなかった。ネット上の噂にすぎない。

だがそれ以来、小児性愛組織に関するこの事実無根の陰謀論は、極右勢力を代表する主張となっている。

アノニマスは、ハッカーと政治活動家の自由な集団であり、リーダーや指令系統は存在しない。抗議手段として攻撃的な書き込みをする「荒らし」や情報のリーク、サイバー攻撃によるシステム妨害などを行うことで知られている。

QAnonと同様、ネット掲示板4チャンネルから派生した集団で、メンバーがつける仮面がシンボルだ。 過去には新興宗教サイエントロジー教会や、白人秘密結社KKK(クー・クラックス・クラン)にサイバー攻撃を仕掛けたこともある。

ニュース速報

ビジネス

米経済、ワクチン実用化で21年後半に回復=ミネアポ

ワールド

米コロナ対策協議に勢い、週明け7日めど 超党派案た

ビジネス

EXCLUSIVE-中国当局、足元の元高容認 急激

ワールド

米コロナ死者、1日3000人突破も 当局者はマスク

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティストが中国の「国民的英雄」に

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 7

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 8

    「中国は香港の一世代をまるごと抹殺することも厭わ…

  • 9

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 10

    中国の研究者1000人超が米国を出国 技術盗用規制強…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 6

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月