コラム

大富豪ブルームバーグが、民主党予備選を勝ち抜く可能性は?

2020年02月18日(火)16時40分
大富豪ブルームバーグが、民主党予備選を勝ち抜く可能性は?

13日にテキサス州ヒューストンで選挙イベントを開催したブルームバーグ Go Nakamura-REUTERS

<スーパー・チューズデー以降に民主党予備選に参戦する「奇策」に出たブルームバーグ、これに対して党内左派を中心に激しい批判が起こっている>

民主党の予備選は、緒戦のアイオワ党員集会、2戦目のニューハンプシャー州予備選が終了した時点で、左派を代表するバーニー・サンダース候補、中道派を代表するピート・ブティジェッジ候補、同じく中道のエイミー・クロブチャー候補の3人が激しく競っています。一方で、ウォーレン、バイデンの2候補は失速気味となっており、3月3日のスーパー・チューズデーで大敗するようだと、後がなくなるでしょう。

これに加えて、不気味な存在として徐々に存在感を増しているのが、マイケル・ブルームバーグ候補です。ブルームバーグは、自分の名前を冠した「ブルームバーグ」という巨大金融情報企業を創業した実業家です。というより株式情報がテレックスやFAXだった1980年代に、株価情報を顧客のコンピュータ端末にリアルタイムで流し、また1990年代には全世界の上場企業の株式情報をネット配信するなど、世界におけるビジネスのインフラを塗り替えた巨人と言っても過言ではないと思います。

その業績と成果を考えれば、2020年2月現在で618億ドル(約6兆8000億円)という個人資産、これは世界の大富豪の中でランキング12位だという(「フォーブス」誌による)のですが、それだけの資産を誇っているのも不思議ではありません。

ブルームバーグは、ビジネスを後継者たちにまかせた後は、公共セクターに進出して、2002年から13年まで3期12年にわたってニューヨーク市長を務めました。この時期は、ニューヨークが9.11の同時多発テロからの復興を遂げ、またリーマン・ショックによる経済の冷え込みも経験することになりましたが、市長としては常に高い支持率を保持していました。

ブルームバーグの「強い思い」とは

当初は、証券界に身を置くビジネスマンとして共和党支持でしたが、共和党が草の根保守に支持基盤をシフトして、徐々に保守化していくのに反発して無所属となり、2018年には一連のトランプ現象への強い反発から民主党入りしています。その過程では、ニューヨーク州選出の上院議員時代に一緒に仕事をしたヒラリー・クリントンを強く支持しており、2016年の大統領選でもヒラリーの応援団でした。

そのブルームバーグにとって、今回の大統領選出馬というのは、3つの強い思いから成り立っていると考えられます。1つは、国家の品位を傷つけ、同時に自由経済や自由貿易を傷つけているトランプ政権を打倒したいという思いです。2つ目は、同じように自由経済の敵である「社会主義者サンダース」にブレーキをかけたいという、これまた強い思いです。3つ目には、市長時代から強く主張している銃規制強化の実現です。

ブルームバーグは、2月の選挙戦(アイオワ、ニューハンプシャー、ネバダ、サウスカロライナ)は回避して、3月3日のスーパー・チューズデーに直接参戦するという「奇策」に出ています。戦術的には、無尽蔵と言うべきポケットマネーを投入して、テレビ広告を大胆に打ち続けるという作戦で、現時点では全国レベルの支持率平均値では、サンダース、バイデンに続く3位にまで上昇しています。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナ、世界の死者5.3万人超す 

ビジネス

地方公共団体に1兆円交付、麻生財務相と合意=岸田自

ビジネス

中国、経済安定化で豊富な政策手段 新型コロナの影響

ワールド

米政権の新型コロナ顧問、「社会的距離の指針」順守を

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕される国とは

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    不仲だった兄を亡くした。突然の病死だった──複雑な…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!