コラム

トランプ政権の暴露本が、ここまで話題になる理由

2018年01月09日(火)14時20分
トランプ政権の暴露本が、ここまで話題になる理由

トランプ本人が「激しく反発」したことも逆効果に Yuri Gripas-REUTERS

<トランプの悪評はこれまでにも様々な形で報じられてきたが、多くの政権内部の人々のインタビューに基づく今回の暴露本は、意外なほどの反響を生んでいる>

今月5日に発売された、ノンフィクション作家のマイケル・ウルフによる『Fire and Fury: Inside the Trump White House(炎と怒り、トランプ政権ホワイトハウスの内幕)』という新刊が大変な話題になっています。年初に一部がリークされると話題が沸騰し、当初9日の予定だった発売日を4日繰り上げての発売となったのですが、あっという間にアマゾンでは「全書籍の1位」になったかと思うと、一気に「品切れ」になってしまいました。

内容については、「大統領は当選するつもりではなかった」とか「ホワイトハウスの人々は、大統領の能力を疑問視している」といった「部分的な紹介」がセンセーショナルな形で報じられています。ですが、冷静に考えてみると、トランプ大統領とその周辺に関する「悪評」というのは、以前から様々な形で出ていたわけです。

ですから、アメリカの一般読者は「ホワイトハウスの内情」をどんなに積み上げても、そうは簡単に面白がったり、飛びついたりはしないはずです。それにもかかわらず、この本が一気に大ヒットしたことには、特殊な理由があるように思われます。

1番目は、相当なボリュームのインタビューに基づいているということです。当初の企画は「トランプ政権が全面協力」した「政権最初の100日間のドキュメント」だったということで、途中まではかなり自由に取材ができたようです。ウルフがCNNで語っていたところでは、ホワイトハウスにいた時のスティーブ・バノンだけでなく、大統領顧問のケリーアン・コンウェイにしても、ホープ・ヒックス広報部長にしても「本書の企画に全面協力するように」と周囲に指示していたそうです。

結果的に、2017年7~8月に人事が大きく動いた中で、作者のウルフは「政権に距離を置く」ようにスタンスを変えたそうですが、そこまでに相当な「仕込み」がされていたのは事実のようです。

2番目は、そもそもこのウルフという人物が、FOXニュースの内情にかなり食い込んでいたということがあります。それは、2008年にFOXを含むニューズ・コーポレーションの総帥ルパート・マードックの伝記を書いたことが契機となっているようです。FOXニュースというのは、アメリカの保守系メディアですが、そのFOXに寄り添うことで米政界におけるトランプの立ち位置について、かなり正確に見ることができているように思います。

少なくとも、リベラル系の「最初から一本調子のトランプ批判」というアプローチよりは、はるかにリアリティがあるだけでなく、読み物としても「いかにも見てきたような」書き方が成功していることは言えると思います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 8

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!