コラム

トランプ政権の暴露本が、ここまで話題になる理由

2018年01月09日(火)14時20分

3番目ですが、何と言っても発売前に内容の一部が報じられ始め、バノンの放言があるとか、ホワイトハウスの生々しい内幕が書かれていると報じられた際に、当のホワイトハウス、そしてトランプ大統領本人が「激しく反発」してしまったということがあります。ウルフは5日以降に、NBCテレビの「トゥデー」をはじめとするテレビ番組に登場していますが、「とにかくホワイトハウスが右往左往しているのは、内容が図星だということの証明」だということで自信満々という感じでした。

特に、ウルフ自身が「企画の当初は全面的にホワイトハウスが協力していた」と証言している一方で、トランプ大統領以下の政権メンバーが「会ったこともない」とか「書いてあることは全部ウソ」だという一本調子の否定戦術に出ていることは、完全に逆効果になっています。

4番目に、一方のトランプ大統領の姿勢が年明け以降、どうにも「しっかりしていない」という問題があります。大統領は、2017年末には、賛否両論はあるにしても画期的な「税制改正」を可決成立させています。ですから、政治的には大きな成果を誇ることはできたはずです。その勢いで、念頭には「テレビ談話」でも発表して、「さらに全国へのインフラ投資を行う、しかも半分以上は民間に出資させる」とブチ上げて、11月の中間選挙へ向けて勢いを付けることが出来たはずです。

ですが、その大統領は年初に「パキスタンの悪口」で仕事始めをしたかと思うと、この『炎と怒り』出版への反発に忙しくなり、「実績を上げ始めた大統領」というイメージ作りのチャンスを完全に逸してしまっています。8日には遊説に出てテネシー州のナッシュビルで農業従事者の会合で「私に投票するチャンスがあったというのは、大変な特権なのだから感謝して欲しい」という「自信過剰?」とも思える不思議なコメントをするなど、全体的に、どこか「ズレた」な感じなのです。

もちろん本書が契機となって一気に政権が崩壊するということは考えにくいのですが、この「暴露本」の登場が、年明けのトランプ政権を意外なほどに揺さぶっているのは事実です。


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

新型ウイルス、まずは中国経済注視 必要なら追加緩和

ビジネス

中国人民銀、景気支援へ追加措置の用意 新型ウイルス

ワールド

新型ウイルス、韓国の感染者346人に急増 中国では

ビジネス

フランス格付け見通しを「安定的に」引き下げ=ムーデ

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とスキルの分離が組織を滅ぼす

  • 3

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に突撃取材した

  • 4

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「…

  • 9

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 10

    新型コロナウイルス、急拡大の背景に排泄物を介した…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!