コラム

日本のリーダーに求められる資質とは?

2012年09月10日(月)10時23分

 民主党と自民党の任期満了に伴う総裁選が迫ってきました。勿論、両党ともに総裁就任イコール組閣ということにはならないわけで、また、どちらかの新総裁が必ず首相になるとも決まったわけではありません。ですが、可能性としては両党ともに政権を担えるということが総裁の資質として必要であることは、これもまた間違いないわけです。

 では、現在の日本のリーダーには、どのような資質が求められるのでしょうか?

 1つは国家観です。国家観と言っても、領土紛争の舌戦が好きだとか、あるいは嫌いだとか、国のかたちがどうとかいう話ではありません。現在の日本は、経済社会の上で非常時であり、自分探しのイデオロギー論争を楽しむ余裕はないはずだからです。また、日本が大きな変革を必要としているのは間違いないにしても、その際に必要なのは、可燃性のイデオロギーに点火して得られるような形の求心力ではありません。

 国家観というのは、日本の経済社会に関する認識のことです。少子高齢化がこのまま進行したら、財政はどのように劣化し産業別の内需や生産力はどのように崩れてゆくのか、外需に期待する産業が競争力を失ったり、市場への適応に失敗して行った場合には、国力はどのように失われ、民生はどの程度の劣化を強いられるのか、そのような観点からの現状と予見しうる将来に関する認識、国家観とはそのような意味合いに他なりません。

 勿論、評論するだけではダメで、実行力が伴わなくてはなりません。国力への冷徹な認識に基づき、国家経営の限りある資源を官民含めてどのように活かすのか、そのために何を捨て、何を守り、何を新たに創造するのかということ、そうした取捨選択の感覚も大切です。

 壊死した部分はできるだけ早く切断し全身の状態の劣化を防ぐこと、守らねばならない原則や水準は何がなんでも守り切ること、新たな季節へ向けての種蒔きを怠ってはならないこと、そうした取捨選択がこの国に求められている、その認識は何としても必要でしょう。

 では、これからの日本のリーダーには、こうした国家の現状への冷徹な認識と、取捨選択を果断に実行する力があれば良いのでしょうか?

 実は現代の日本のリーダーに最も求められている資質は、これとはまた別のところにあるのです。もっと言えば、先ほど申し上げた「捨てる」「守る」「種をまく」の3つについて、仮に三元連立方程式に答えが見つかったとして、現状の日本では「最適解へ真っ直ぐ進む」ということは難しいからです。

 それは、どの改革も短期的には「改革により得をする人より、改革がされない方が有利な人の方が多い」ということが1つ、これに加えて「有効な改革のために現状を直視すればするほど、より困難な将来像が浮かび上がる」という構造があるからです。

 そのような構造のために、最適解に近い政策の多くが「不人気」ということになります。そこで、リーダーには「不人気だが最適解に近い」政策を実現する能力が求められるのです。もっと酷なことを言うならば、限りある国富と国力を前提にしたときに、改革の名の下に、多くの層に「不利益変更」を受け入れてもらわねばならないわけです。

 この種の調整にあたっては、小泉内閣以来ずっと既得権者を抵抗勢力として弾劾するような力比べが続いてきました。大阪の橋本市長の手法も、その延長線上にあります。民生が向上して行かない不満、あるいは劣化する不安を集約して政治的なモメンタムとし、少なくとも既成組織の破壊だけは完遂するという手法ですが、これももう限界です。

 それは中長期的な社会の存続ということが、政策の最適解を決める前提であるとして、中長期的にこの国の中で利害を持つ若年層よりも、長期的な利害に鈍感な中高年の方が多数派になりつつあるからです。つまり多数派に、ある種の権利を放棄させるという説得が必要になるからです。放棄させる対象は、個人だけでなく、年輪を重ねた会社や地方自治体といった組織も同じです。

 そのような説得は、カリスマ的な世襲君主や、強権的な独裁者でもない限り難しく、現代の日本では不可能です。人々の憤怒を集約すれば一時的に強い権力を作ることはできますが、維持するのは難しいし、新しいことを生み出すための合意形成には、違う形の深謀遠慮が必要だからです。

 やはり、奇策はないのだと思います。政党政治の延長上に人々を説得し、長期的な大義と引き換えに不利益変更を受け入れさせる、その合意形成のために困難を承知で骨を折る、少なくとも苦しみつつ努力している姿を示し続ける、そのようなリーダーシップしか、現実的には想定はできないように思われます。

 合意形成の捨石になる覚悟を秘めつつ、ひたすらに忍耐と説得を続ける地味な粘り強さ、そのようなリーダーシップが求められていることを、少なくとも理解していること、これが現在の日本のリーダーとして求められる資質であると思われます。

 地味な粘り強さといえば、就任直後の野田総理が示した自称「ドジョウ」の「低姿勢」が思い出されます。ですが、あの程度では全くダメなのです。もっともっと肝の座った重心の低いものでなければ、厳しい現状に対して拮抗することはできないでしょう。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売計画は

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不

ビジネス

豪ANZ、市場操作の証拠なし 国債取引額の過大報告
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story