コラム

世界と中国人が越えられないネットの「万里の長城」

2017年07月24日(月)18時15分

《中国語原文》
◾️难以翻越的长城

1987年9月,一封电子邮件从北京的计算机应用技术研究所发往德国卡尔斯鲁厄理工学院(Karlsruher Institut für Technologie,缩写KIT),在这封中国早期的电子邮件中写道:"Across the Great Wall we can reach every corner in the world.(越过长城,走向世界)"这封电邮并不是第一封从中国发出的电子邮件,(最早的是1986年8月25日,从中国科学院高能物理研究所发往欧洲核子中心〔CERN〕的)但是因为这封电邮的内容意义非凡,在很多网络资料里都被视为是中国网络与世界连接的标志。

然而,这一切即将结束。

中国与世界通过互联网连接之后,人们很快发现在网络上能了解到太多中国的真相,这是中共当局不愿意看到的,从1998年开始,中国的国家防火墙工程开始启动,原来无远弗届的网络在中国的网路边界遭遇了审查,这个审查系统随着对抗升级而逐步完善,虽然渴望自由的人们开发使用了各种翻墙的工具,但是这些民间个人或者商业机构的技术无法和一个国家的资金和实力相抗衡,中国人翻墙上网变得越来越困难。

今年初,就有网络上的小道消息称,今年下半年到明年初会彻底断网,这时候还有很多人不相信,认为就算为了国际贸易的原因也不可能真的切断和全球网络的联系,然而这一切就在最近的几个月发生了。中共最新出台了一系列严厉的打击翻墙的政策,所有的个人开发者都遭到了警方的传唤或警告,所有的翻墙工具被迫下架,全国各地都发生了翻墙的网民被警察传讯的事件。中共还要求供应商最晚在2018年2月要停止VPN的个人用户服务。

日本的读者一定会觉得很不可思议,因为中共切断网络明显会损害整个国家的商业流通,会断绝中国和世界的科学技术的交流,为什么他们要这么做呢? 因为在中共的逻辑里,维护自己的统治地位才是超越一切的需要,中共如此决绝地切断互联网,是因为他们看到了危机,断绝网络可以蒙蔽人民,让统治集团在未来的危机到来时更从容镇压各种集会和示威事件。

新疆是中国最敏感的地区,2009年7月,新疆首府乌鲁木齐市发生震惊世界的民族暴力冲突之后,新疆全境有一年多不仅切断了和世界的网络联系,甚至和中国其他地区的联网也切断了。未来的某一天,如果中国再发生足以动摇中共统治的大事件,中共会毫不犹豫切断所有地区的网络和通信,那时候,中国就真的和世界隔绝了。

中共难道把国家防火墙扩大到宇宙吗?

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの8月失業率、過去最低3.8% 直近インフレ

ワールド

豪6─8月期求人は高水準続く、過去最高だった前期か

ワールド

ロシアIT技術者の大量出国止まらず、政府は動員除外

ビジネス

スタグフレーションのリスク長期化も=世銀総裁

今、あなたにオススメ

>

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 9

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 10

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中