コラム

自国を守る「防護壁」の北朝鮮に利用される中国

2016年09月14日(水)19時20分

≪中国語原文≫
朝鲜金氏政权不断用核试验和导弹试射来挑战东亚秩序,随着朝鲜核武器和导弹技术的不断成熟,韩国出于防卫考虑终于接受美国的THAAD反导系统,然而韩国部署THAAD,反应最激烈的却是中国。

去年9月,中共在北京举行了声势浩大的阅兵式,阅兵式展示了各种射程的新型导弹,随后网络上就开始出现了"东风快递公司"的说法(东风系列是中国导弹的名字)。根据射程不同,新浪军事网站上的文章将东风15B起名叫"台北快递",东风21"东京快递",东风31"夏威夷快递",东风5"纽约快递"。爱国者们一遍遍观看大阅兵中炫耀的武器,对"快递"这样的说法乐不可支,反响热烈。

随着韩国部署THAAD,美国可以在离中国很近的地区监控和压制中共导弹发射,眼看去年刚刚炫耀过的"东风快递"对美国再也形不成有效威慑,中共的激烈反应可想而知。中共控制的媒体激烈批评和恐吓韩国,韩国明星们也被禁止在电视和电影中出现,著名的鸟叔朴載相(PSY)在播出的电视综艺节目中被打马赛克。

讽刺的是,上周朝鲜再次在中朝边境地区进行了地下核试验,这次的爆炸当量可能是2-3万吨,爆炸点离中国仅六十公里,因为震感强烈,吉林省的一些学校紧急疏散了学生。

在中共的传统思维里,一直把朝鲜视为中国的战略屏障,认为假如放任美国支持韩国统一朝鲜半岛,美军将直抵中国边境,威胁北京。随着金正恩越来越疯狂的战争准备,中国自己却变成了朝鲜的战略屏障。中共虽然对朝鲜抵近边境的核试验非常不满,但是他们更不满THAAD的存在,因为在中共的战略里,美国才是中国的头号敌人。

我觉得,随着朝鲜不断试射导弹和核试验,中国军事力量在东海和南中国海的不断进逼,中国支持朝鲜,以及俄罗斯暗中支持的新冷战阵营已经形成,另一方面,韩国和日本被迫和美国走得更接近,日本为了自身安全的考虑也要修改宪法,甚至引进THAAD系统,东亚的未来非常不容乐观。

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

ニュース速報

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

ワールド

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ

ビジネス

伊銀モンテ・パスキ、コア資本比率マイナスも=EU健

>

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

  • 4

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 7

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 10

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中