Picture Power

【写真特集】分断の街ニューヨークの分断された視点

THE POLARIZED CITY

Photographs by Q.SAKAMAKI

2020年10月30日(金)18時20分

【外交】アメリカ国連代表部の正面に飾られたドナルド・トランプ大統領の肖像写真。通りを挟んで反対側にある国連本部前に掲げられた加盟国の国旗がガラスに映る(本文文末に続く)

<さまざまな課題に対するアメリカ市民の見解は、保守かリベラルかの2つのイデオロギーによって両極化してしまった>

高級ブティックや百貨店が立ち並ぶニューヨーク5番街。豪奢なショーウインドーやブランド品は世界中から訪れる人々を魅了してきた。ところが大統領選挙を11月3日に控えた最近は、営業不振のために休業や撤退を余儀なくされた店舗が目立つ。店は傷だらけの合板で覆われ、露天商が偽のブランド品を売っている。

この光景を、両大統領候補の支持者たちは全く異なる視点で見ている。共和党側は「リベラルな州知事らによる過剰な新型コロナウイルス対策が原因」と捉え、民主党側は「保守派トランプ政権の経済政策の失敗」と呼び、お互いを罵り合う。

外交、治安、公衆衛生などのさまざまな課題に対する市民たちの見解は、保守かリベラルかの2つのイデオロギーによって両極化している。見解が大きく乖離した者同士の議論は成立せず、選挙戦の中で対立だけが深まっている。

結果はどうあれ、選挙後に双方が歩み寄りを目指すことなどあり得ない状況だ。修復が困難なところまで進んだ分断社会を、癒やす方法はあるのだろうか。

(冒頭写真キャプションの続き)
<共和党支持者の視点>自国第1主義。国際協調路線に背を向け、気候変動対策やイラン核合意などの国際的枠組みからは離脱。アメリカの利益にならない国連は軽視して当然
<民主党支持者の視点>多国間主義。トランプは同盟国やパートナーを正当に扱わず、時に見捨ててきた。アメリカ主導の国際協調を復活させ、権威主義的国家の台頭を止めるべきだ

ppny02.jpg【経済】再開発計画が滞るニューヨークの目抜き通りの五番街で、偽のブランドバッグを売る露天商
<共和党支持者>民主党の州知事や市長などによる行き過ぎた新型コロナ対策が景気後退の原因。コロナ禍初期に米国株は一時大幅下落したが、8月には過去最高値を更新している。経済の先行きは明るい
<民主党支持者>トランプ政権の経済政策の失敗が原因。コロナ禍への初期対応の誤りが経済に冷や水を浴びせた。株高も実体経済を反映しておらず、大半のアメリカ人には恩恵がない。持つ者と持たざる者の格差は広がるばかり


ppny03.jpg【警察】BLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命は大事)運動を警備するニューヨーク市警察
<共和党支持者>「法と秩序」を維持するために警察力は欠かせない。リベラル派の警察への反発は行き過ぎで、経費削減をしたら市民を守れない。社会秩序は崩壊し、犯罪が蔓延するだろう
<民主党支持者>警察機構の中に潜む暴力、差別主義を認識し、組織変革や警官の再教育が必要だ。場合によっては経費削減も選択肢の1つ。共和党は選挙のために社会不安を利用している


ppny04.jpg【人種差別】黒人たちへの暴力や差別に抗議するBLMのデモ
<共和党支持者>BLMは人種間の断絶をあおる運動で、参加者は差別主義者の集まりだ。警察に殺された人数は、黒人よりも白人のほうが多い
<民主党支持者>人口比では白人よりも黒人のほうが2倍以上の割合で警察に殺されている。BLMの参加者は20~30代の白人が圧倒的に多く、人種を超えた基本的人権の擁護を訴える運動だ


ppny05.jpg【公衆衛生】新型コロナ対策のために、マスク着用が義務付けられているニューヨークの地下鉄
<共和党支持者>マスクは個人の自由を束縛している。新型コロナの死亡率はさほど高くないから、マスクの必要性は感じない。トランプ自身も感染から短期間で復活した。経済や社会活動の早期完全再開を求める
<民主党支持者>マスクは自分自身と家族、他者の命を守るもの。新型コロナは現在最も真剣に立ち向かうべき問題だ。ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保ち、経済や社会活動の完全再開は慎重を期したい

ニュース速報

ビジネス

東芝が2月の社内調査開示、株主圧力問題「不当な干渉

ワールド

香港紙の蘋果日報、26日に休刊の可能性=内部文書

ワールド

中国大使、北朝鮮紙に異例の寄稿 「中朝関係を強化へ

ビジネス

市場動向を注視、経済財政運営に万全期す=株価大幅安

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中