Picture Power

【写真特集】北極に訪れた不可逆な未来

ARCTIC: NEW FRONTIER

Photographs by YURI KOZYREV & KADIR VAN LOHUIZEN

2019年04月23日(火)18時45分

pparctic07.jpg

【7】グリーンランドのディスコ湾に面した町イルリサットを訪れた観光客。氷山が生まれる場所として有名で世界中からツアー客が訪れる


pparctic08.jpg

【8】ロシア連邦サハ共和国のベルホヤンスク。川からくみ上げた水で地層を削り、動物の骨や化石燃料を採掘するハンターの活動場所だ


pparctic09.jpg

【9】ロシアのヤマロ・ネネツ自治管区に古くから住む遊牧民のネネツ族。トナカイと暮らしを共にするが、石油ガス開発が彼らの生活環境を脅かしている


pparctic10.jpg

【10】ロシア北極圏最大の都市ムルマンスクにある軍人の養成機関。プーチン大統領の号令の下、過去5年で9校が開校したうちの1校


pparctic11.jpg

【11】ロシアのムルマンスク州モンチェゴルスクにある世界最大規模のニッケル精錬工場。かつてシベリアにあった工場が移転された


pparctic12.jpg

【12】北極海唯一の沖油田からパイプラインで運ばれた石油がタンカーに積み込まれる。ロシアのガス大手ガスプロムが港湾開発を進める


pparctic13.jpg

【13】ロシアのヤマロ・ネネツ自治管区にあるLNG開発プロジェクトで働く作業員。港湾施設や空港の建設も進められている


Photographs by Yuri Kozyrev-Noor for Fondation Carmignac

撮影:ユーリ・コズィレフカディル・ファン・ロホイゼン 
共に25年以上にわたり、世界の第一線で活躍し続けるフォトジャーナリスト。本作は、仏カルミニャック財団が運営する人権侵害、戦略的地政学、環境などの課題について調査報道する「カルミニャック・フォトジャーナリズム賞」を受賞し、同財団の支援の下で行われたプロジェクト

<本誌2019年02月12日号掲載>

「Picture Power」の過去記事(2010年3月~2018年6月)の一覧はこちら

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!