Picture Power

【写真特集】北極に訪れた不可逆な未来

ARCTIC: NEW FRONTIER

Photographs by YURI KOZYREV & KADIR VAN LOHUIZEN

2019年04月23日(火)18時45分

pparctic07.jpg

【7】グリーンランドのディスコ湾に面した町イルリサットを訪れた観光客。氷山が生まれる場所として有名で世界中からツアー客が訪れる


pparctic08.jpg

【8】ロシア連邦サハ共和国のベルホヤンスク。川からくみ上げた水で地層を削り、動物の骨や化石燃料を採掘するハンターの活動場所だ


pparctic09.jpg

【9】ロシアのヤマロ・ネネツ自治管区に古くから住む遊牧民のネネツ族。トナカイと暮らしを共にするが、石油ガス開発が彼らの生活環境を脅かしている


pparctic10.jpg

【10】ロシア北極圏最大の都市ムルマンスクにある軍人の養成機関。プーチン大統領の号令の下、過去5年で9校が開校したうちの1校


pparctic11.jpg

【11】ロシアのムルマンスク州モンチェゴルスクにある世界最大規模のニッケル精錬工場。かつてシベリアにあった工場が移転された


pparctic12.jpg

【12】北極海唯一の沖油田からパイプラインで運ばれた石油がタンカーに積み込まれる。ロシアのガス大手ガスプロムが港湾開発を進める


pparctic13.jpg

【13】ロシアのヤマロ・ネネツ自治管区にあるLNG開発プロジェクトで働く作業員。港湾施設や空港の建設も進められている


Photographs by Yuri Kozyrev-Noor for Fondation Carmignac

撮影:ユーリ・コズィレフカディル・ファン・ロホイゼン 
共に25年以上にわたり、世界の第一線で活躍し続けるフォトジャーナリスト。本作は、仏カルミニャック財団が運営する人権侵害、戦略的地政学、環境などの課題について調査報道する「カルミニャック・フォトジャーナリズム賞」を受賞し、同財団の支援の下で行われたプロジェクト

<本誌2019年02月12日号掲載>

「Picture Power」の過去記事(2010年3月~2018年6月)の一覧はこちら

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、15日の関税発動回避へ中国側の「動き」

ビジネス

アングル:日銀の「量」再拡大、市場の期待が低い理由

ワールド

豪の消費者、税還付分をいずれ消費に回す見込み=ロウ

ビジネス

ボルカー元FRB議長死去、92歳 インフレ抑制で功

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    「生理ちゃんバッジ」に中国人が賛成だった理由

  • 2

    米下院のウイグル人権法案、中国が香港問題以上に反発する理由

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    トランプのウクライナ疑惑より切実な「ウクライナ問…

  • 5

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

  • 6

    「働き方」を変えている場合か! 日本がこのまま「…

  • 7

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 8

    「セクシーじゃないね」化石賞に輝いた日本の石炭依…

  • 9

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 10

    筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 9

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!