コラム

オリンピックイヤーの今年、日本は世界のリーダーでいられるか?

2020年01月30日(木)18時20分
オリンピックイヤーの今年、日本は世界のリーダーでいられるか?

日本がリーダーシップを発揮できる分野は……これだ! metamorworks/iStock.

<記念すべき2020年に、日本が国際社会でインパクトを与えられる分野は......>

開国からほんの数十年で、アジアで初めて先進国の仲間入りを果たした。世界で初めての平和憲法を持ち、世界第2位の経済大国に上り詰めた。過去に日本はリーダーであったのは間違いない。では、この先はどうなのか。リーダー役を務めるのか? 世界の注目を浴びるオリンピック・イヤーに、その答えをYes!にしたい。

では、どの分野に注力するのかを考えよう。

まず、イノベーションや貿易において頑張ろう。日本の国際特許の出願件数はアメリカ、中国に次いで世界3番目。日本人はノーベル賞をほぼ毎年獲るし、イグノーベル賞も13年連続受賞している(昨年は5歳児の1日当たりの唾液分泌量を解明した明海大の研究チームがまさにその「垂涎の的」を射た)。同時に、今や自由貿易の旗手となっている日本だが、自動車、電気機械、化学製品などの輸出品も依然として世界からの高い需要を誇る。最近一番話題になったのは、日本の自動車メーカーから楽器の箱でレバノンに空輸された「密輸品」だが、頑張ろう。

次は、環境の分野でも活躍できそう。人口が減り、都市化が進んでいる日本はCO2(二酸化炭素)の排出量を減らしやすい状況だ。クリーンエネルギーへのシフトを加速すれば、アジア一の環境保全国になれる。費用の面はなんとかなる。代替エネルギーのコストが暴落しているし、化石燃料の輸入にかけている年間20兆円を国内のクリーン発電に回すだけでも資金源には困らない。建設土地の問題に関しても、いい案がある。福島第一原発周辺の「帰宅困難区域」に大規模な太陽光発電所や風力発電所を作れば、原子力発電所数基分の電源を確保できる試算になる。東京までの高圧送電線は整っているし、土地の使用料が避難生活中の元住民の収入にもなる。電気と元気を東北に取り戻そう!
 
あとは、文化も日本の強み。日本の漫画やアニメは世界中で愛されるキラーコンテンツ。スポーツ界でも日本の選手やチームが存在感を増している。和食や日本酒も人気急上昇中。日本の文化は大奮闘中! 合言葉は、ワンピース! ワンチーム! ワンカップ大関! 

日本はこれらの分野で間違いなく活躍できるのだ。もちろん、莫大な投資や時間がかかり、研究開発やマーケティングにも注力しないといけないかもしれないけど。

LGBTQのために立ち上がろう

そこで、もう1つの分野を考えよう。お金も時間もあまりかけずに、すぐ国際社会のリーダーになれるもの。それはLGBTQ(性的少数者)の人権保障だ。

昨年、台湾が同性婚を認めるように法改正を行った。アジアで初めてだ。少しリードを譲ったね。しかし、インドネシアやサウジアラビアなどは同性婚どころか、同性同士の性的行為だけで死刑を含む厳罰対象となる国もあり、まだまだリーダーシップが必要。そこで日本が立ち上がろう。

日本国憲法に婚姻の規則として「両性の合意」があるから、すぐに台湾の真似はできないと言う人が多い。しかし、結婚と同等の権利を与えるシビル・ユニオン制度の設置は可能なはず。これならアジア初だ! しかも、台湾の同性婚制度は養子縁組に関して少し制限があるので、日本でそれをなくせば台湾を追い越し、リーダーになれる。もしくは、アジアで初めて、同性婚を認める憲法にするのも手。つまり、安倍さんの念願の憲法改正できるかもしれない! 「軍」ではなく「婚」で、狙っていたものと違うが、同じく歴史に残るのだ。 

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ビジネス

ダウ469ドル高、減産合意期待で原油急騰 石油株に

ワールド

伊の新型コロナ死者1.4万人、感染者11.5万人

ビジネス

ドル続伸、過去最多の米失業保険申請受け=NY市場

ワールド

原油先物20%超高、過去最大の上昇 サウジとロシア

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 9

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!