コラム

トランプが起訴も弾劾もされないこれだけの理由

2018年08月29日(水)17時00分
トランプが起訴も弾劾もされないこれだけの理由

トランプを止めることはもう誰にもできない? Leah Millis-REUTERS

<自身をめぐる様々な疑いが明らかになっても、トランプは起訴も弾劾もされないーーアメリカは「法治」を「放置」した国家ってこと?>

この1カ月、日本で集中豪雨や大型台風の直撃が続いている中、アメリカではドナルド・トランプ大統領の周りに渦巻く裁判の嵐が激化している。

まず、8月21日にトランプの元選挙対戦本部長ポール・マナフォートがバージニア州連邦地裁の陪審で有罪評決を受けた。そして、その数分後にトランプの元顧問弁護士マイケル・コーエンもマンハッタンの連邦地裁で罪状を認めた。タイミングは近いけど、実は全く違う案件だ。共通点は、2人ともロシアの米大統領選干渉をめぐるロバート・ムラー特別検察官の捜査によって犯罪が発覚し、起訴されたこと。あと似ているのは、犯罪の内容と件数。どちらも銀行詐欺や脱税などの容疑をもたれているし、今回は8つの件で有罪に当たった。本人たちにすれば、大統領を狙って側近から攻めるムラーの八つ当たりに感じるだろう。

もちろん、不満があるなら、ムラーと協力して情報を提供すれば刑の軽減や、ほかの犯罪の刑事免責を受けることはできるはずだ。マナフォートはこの先そうするかもしれないし、コーエンは間違いなくそうするはず。というのも実は、今回罪状を認めるときに組んだ司法取引にはムラーへの協力は盛り込まれていなかったのに、コーエンは自発的にトランプ情報を吐いてしまったのだ。

コーエンはまず、トランプとの不倫関係を主張するポルノ女優やモデルの女性に口止め料を払ったことを認めた。もちろん、選挙に影響を与えるために出した口止め料は事実上の献金に当たり、報告義務が生じる。それをわざとしなかったことで選挙法違反になる。ここだけが普通の手続きで分かった。そしてそのあと、コーエンは裁判所で自ら読み上げた証言の中でなんと......全部トランプの指示の下でやったと主張した。言う必要はなかったのに、堂々とチクったのだ。

これをもって、トランプは事実上UCCとなった!

いや、上島珈琲カンパニーではない。

UCCは Unindicted Co-Conspirator(起訴されていない共犯者)の略で、とても不名誉な肩書。UCCの走りとして有名なのはリチャード・ニクソン元大統領だ。ウォーターゲート事件で、民主党の選挙対策本部への強盗事件の共犯者とされながら起訴はされていなかったことから、UCCと呼ばれた。この件で有名になった言葉だし、今もUCCと聞くとアメリカ人がまず思い浮かべるのはニクソン大統領とその恥だ。

これでトランプは史上2人目のUCC大統領となった。ま、選挙中に「法と秩序」のスローガンを使ったりして、以前からニクソンへのオマージュを見せているトランプ大統領、憧れの的に一歩近づけてよかったね!

もちろん、共犯者も犯罪者。アメリカの法律では、実行犯と同じだけの責任を持つ。むしろ、2人以上で犯罪を計画することは共謀罪に当たり、単独で行うより罪の重さも量刑もはるかに上。普通なら、共犯者もすぐにつかまり起訴されるはずだ。

では、トランプはなぜ捕まらないのか? 証拠が足りないから?

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!