コラム

デビュー40周年の大江千里、人生のラストスパートに向けて再び「青の時代」へ

2023年01月07日(土)15時24分

新年も無我夢中で、上を向いて歩こう! SENRI OE

<しまい込みがちだったポップを引っ張り出し、ノスタルジーに浸るのではなくジャズの新たなモチーフとして再発見するようになったと語る大江千里。そんな彼が掲げた新年の抱負とは?>

2022年の年頭の決意として、「職業は『生きること』。楽器は笑顔」と、このコラムに書いた。そのとおり、昨年は生きる基本である食を充実させおいしく作って食べ、結果笑顔が増える年となった。一方で、コロナ禍の辛抱や世界情勢の変化など、不安要素がてんこ盛りでもあった。いったい2023年はどんな年になるのだろうか?

22年夏、2年半ぶりに日本への帰国公演が実現した。これは僕にとってエポックな出来事だった。心では生のライブ自体が世の中からなくなるかもしれないと思っていたのだ。

そんななか行われた白馬、青山、鎌倉、そして母校の関西学院でのコンサート。長い間耐えてきた思いが報われ、コツコツためた音楽に一気に光が当たる瞬間だった。お客さんの顔を間近で見られて、昔よりもさらに絆が深くなったと実感した。

もう1つ、コロナ禍に突入する20年2月に計画されていて、キャンセルになったトリオツアーのリベンジ公演を22年12月、再び帰国して東京のブルーノートで開催できたことも大きな収穫になった。

ドラムのロスはマンハッタン・トランスファーの50周年世界ツアー中、ベースのマットも忙しい。僕らは、マンハッタンのリハーサルスタジオでそれぞれデュオでリハを行い、その音源をそれぞれが聴いて準備。

ブルーノート公演の直前に東京で3人によるゲネプロ、そのまま本番へ突入という離れ業を実行した。この折り重なる偶然を引き寄せるやり方で、必然の風を起こした。

ポップを懐かしむのではなく

それまでストイックにジャズに没頭していた僕は、「大江千里界」の伝統芸能ポップを引き出しにしまい込む傾向があった。しかし5月の配信ライブ「降っても晴れても」あたりからノスタルジーに浸るのではなく、新しいジャズのモチーフとしてその頃の曲を捉えるようになった。

今だからこそ、ポップ時代の曲をひもとくと新しい発見でいっぱいだ。実はその頃から僕はジャズのコード進行を多用しているし、言葉がメロディーをリードしたり、その時々に新しいエッジなスタイルを面白がって取り入れるところがあった。特に波に乗りまくっていた1988年7月のアルバム『1234』は、丸々ジャズでカバーしたいくらいの勢いがある。

23年は、1983年にポップでデビューしてから40周年。12月初めの日本公演を終えてブルックリンに戻った僕は、いま自分が時代の変わり目にいると感じる。

こういう時は流れにあらがわず次々に起こる潮流に肩の力を抜いて身を任せよう。人が幸せを感じる瞬間はどんどん変化するものだ。少し前に当たり前だったことが今や存在すらしない。

23年、僕は63歳になる。人生のラストスパートに向けての再びの「青の時代」だと思っている。老眼に腰痛、腱鞘炎に悩まされながら、それらを反転させチャンスに変え次のラストランを楽しもうともくろんでいる。

ジャズの世界には、昔から変わらぬ価値観がある。ただ、自分なりの手法でオリジナルジャズを追求することはやりがいがある。そこで、新年の決意!「無我夢中で混沌を突き抜ける」

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『マンハッタンに陽はまた昇る――60歳から始まる青春グラフィティ』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story