コラム

デビュー40周年の大江千里、人生のラストスパートに向けて再び「青の時代」へ

2023年01月07日(土)15時24分

新年も無我夢中で、上を向いて歩こう! SENRI OE

<しまい込みがちだったポップを引っ張り出し、ノスタルジーに浸るのではなくジャズの新たなモチーフとして再発見するようになったと語る大江千里。そんな彼が掲げた新年の抱負とは?>

2022年の年頭の決意として、「職業は『生きること』。楽器は笑顔」と、このコラムに書いた。そのとおり、昨年は生きる基本である食を充実させおいしく作って食べ、結果笑顔が増える年となった。一方で、コロナ禍の辛抱や世界情勢の変化など、不安要素がてんこ盛りでもあった。いったい2023年はどんな年になるのだろうか?

22年夏、2年半ぶりに日本への帰国公演が実現した。これは僕にとってエポックな出来事だった。心では生のライブ自体が世の中からなくなるかもしれないと思っていたのだ。

そんななか行われた白馬、青山、鎌倉、そして母校の関西学院でのコンサート。長い間耐えてきた思いが報われ、コツコツためた音楽に一気に光が当たる瞬間だった。お客さんの顔を間近で見られて、昔よりもさらに絆が深くなったと実感した。

もう1つ、コロナ禍に突入する20年2月に計画されていて、キャンセルになったトリオツアーのリベンジ公演を22年12月、再び帰国して東京のブルーノートで開催できたことも大きな収穫になった。

ドラムのロスはマンハッタン・トランスファーの50周年世界ツアー中、ベースのマットも忙しい。僕らは、マンハッタンのリハーサルスタジオでそれぞれデュオでリハを行い、その音源をそれぞれが聴いて準備。

ブルーノート公演の直前に東京で3人によるゲネプロ、そのまま本番へ突入という離れ業を実行した。この折り重なる偶然を引き寄せるやり方で、必然の風を起こした。

ポップを懐かしむのではなく

それまでストイックにジャズに没頭していた僕は、「大江千里界」の伝統芸能ポップを引き出しにしまい込む傾向があった。しかし5月の配信ライブ「降っても晴れても」あたりからノスタルジーに浸るのではなく、新しいジャズのモチーフとしてその頃の曲を捉えるようになった。

今だからこそ、ポップ時代の曲をひもとくと新しい発見でいっぱいだ。実はその頃から僕はジャズのコード進行を多用しているし、言葉がメロディーをリードしたり、その時々に新しいエッジなスタイルを面白がって取り入れるところがあった。特に波に乗りまくっていた1988年7月のアルバム『1234』は、丸々ジャズでカバーしたいくらいの勢いがある。

23年は、1983年にポップでデビューしてから40周年。12月初めの日本公演を終えてブルックリンに戻った僕は、いま自分が時代の変わり目にいると感じる。

こういう時は流れにあらがわず次々に起こる潮流に肩の力を抜いて身を任せよう。人が幸せを感じる瞬間はどんどん変化するものだ。少し前に当たり前だったことが今や存在すらしない。

23年、僕は63歳になる。人生のラストスパートに向けての再びの「青の時代」だと思っている。老眼に腰痛、腱鞘炎に悩まされながら、それらを反転させチャンスに変え次のラストランを楽しもうともくろんでいる。

ジャズの世界には、昔から変わらぬ価値観がある。ただ、自分なりの手法でオリジナルジャズを追求することはやりがいがある。そこで、新年の決意!「無我夢中で混沌を突き抜ける」

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『マンハッタンに陽はまた昇る――60歳から始まる青春グラフィティ』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中