コラム

80年代のマフィア戦争から歴史的な大裁判、『シチリアーノ 裏切りの美学』

2020年08月27日(木)15時45分

『シチリアーノ 裏切りの美学』(C)IBC MOVIE/KAVAC FILM/GULLANE ENTRETENIMIENTO/MATCH FACTORY PRODUCTIONS/ADVITAM (C)LiaPasqualino

<コーザ・ノストラに忠誠を誓った男は、なぜ「血の掟」を破り、政府に寝返ったのか?...... >

実話に基づくイタリアの巨匠マルコ・ベロッキオの新作『シチリアーノ 裏切りの美学』では、イタリアのパレルモを主な舞台に、1980年から90年代半ばに至るシチリア・マフィア、コーザ・ノストラの激動の時代が描き出される。

80年代初頭、新興マフィアのコルレオーネ派と伝統的マフィアのパレルモ派の間で、麻薬取引をめぐる対立が深まり、冷酷なコルレオーネ派は逆らう者たちを次々に抹殺していく。抗争を避けてブラジルに暮らすパレルモ派の大物トンマーゾ・ブシェッタは、兄を殺され、国に残してきた前妻の息子たちも行方不明になり、自身も逮捕される。

ブラジルで激しい拷問を受け、イタリアの司法当局に引き渡されたブシェッタは、反マフィアの先頭に立つファルコーネ判事から協力を求められる。護送中に自殺を図ったブシェッタは、最初は証言を拒むが、やがてマフィアが守るべきオメルタ(沈黙の掟)を破り、その証言が突破口となって史上最大ともいわれる大裁判が開かれる。だが、その後も捜査の手を緩めず、政界にもメスを入れようとしたファルコーネは、92年に高速道路に仕掛けられた爆弾によって殺害されてしまう。

「長い1980年代」からのパレルモの解放

本作の見所は、血で血を洗う抗争や狂乱の大裁判だけではない。その最晩年までブシェッタの視点を中心に展開する物語は、一連の事件の全体像や歴史的な位置づけを頭に入れておくと、より興味深いものになる。第二次大戦以後のパレルモにおけるマフィアと反マフィアの関係、その歴史を綴ったジェーン・C・シュナイダーとピーター・T・シュナイダーの『Reversible Destiny: Mafia, Antimafia, and the Struggle for Palermo』(03)は、それを知るうえでとても参考になる。

ブシェッタがこの世を去るのは2000年のことだが、同じ年、パレルモでは国際組織犯罪防止条約の署名会議が開かれ、パレルモ・ルネサンスとして称賛された。かつて「マフィアの中心地」だったパレルモは、90年代末に「反マフィアの中心地」であることを世界にアピールするようになった。

この大きな変化の鍵になったのが、「長い1980年代」からのパレルモの解放だ。1978年から92年にかけて、コルレオーネ派がパレルモの伝統的マフィアを潰しにかかり、毎年100人かそれ以上の命が奪われた。その原因は麻薬取引だったが、シチリアではマフィアが地域社会に根を下ろし、国や地方の政治と絡み合っていたため、多くの人々がそれをシチリアの「運命」と考えていた。

しかし、シチリア社会も国際情勢も変化しつつあった。建設産業を牛耳るマフィアは、労働者を支配していた。本作にも、裏切り者となったブシェッタが、「仕事をくれるマフィア万歳」というプラカードを掲げた労働者たちのデモ行進を目にする場面がある。その一方で、増加する中流階級が、反マフィアの原動力となり、運動を広げていた。

過去20年間の警察と司法の取り締まりや社会運動は、戦後シチリア社会の近代化の産物であり、特にパレルモでは教育を受け、専門化された社会集団が急増していた。そうした社会集団は、政治的、文化的な活動を通して、「名誉ある男」とされてきたマフィアを犯罪者と呼ぶなど、組織犯罪を容認する地元の慣習に異議を唱えるようになった。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

FRB、尚早な利下げに懸念 不確実性強調=議事要旨

ビジネス

FRB、6月利下げ開始との観測変わらず FOMC議

ビジネス

世界の債務総額、23年は313兆ドルと過去最高=I

ワールド

ロシア、国内弾薬生産不十分 ウクライナ制圧との目標
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 3

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 4

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 5

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 6

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 7

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 8

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 9

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 10

    日独GDP逆転の真相

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story