コラム

激動の中国、一人っ子政策に翻弄される夫婦の30年『在りし日の歌』

2020年04月02日(木)15時45分
激動の中国、一人っ子政策に翻弄される夫婦の30年『在りし日の歌』

夫婦の物語は深い感動をもたらす『在りし日の歌』(C)Dongchun Films Production

<80年代から2010年代に至る激動の時代を背景に、一人っ子政策に影響を受けた二組の家族の軌跡が描かれる......>

中国第六世代を代表するワン・シャオシュアイ監督の新作『在りし日の歌』では、80年代から2010年代に至る激動の時代を背景に、二組の家族の軌跡が描かれる。ワン監督は、フラッシュバックを多用する緻密な構成によって、対照的な運命をたどる彼らの複雑な心情を炙り出していく。

激動の中国、描かれない背景を想像してみる

3時間を超える本作の導入部では、主人公たちの人生を変える悲劇とその後の困難な生活が、矢継ぎ早に描き出される。

ヤオジュンとリーユン夫妻は、ひとり息子のシンと地方都市で平穏な暮らしを送っていた。だが、そのシンが、幼なじみのハオと川遊びをしているときに命を落としてしまう。それから数年後、舞台は寂れた漁港に変わっている。ヤオジュンとリーユンは、シンと名付けた養子の息子と暮らしているが、反抗期を迎えたシンは家に寄り付かなくなり、親子の溝が深まっていく。

そんな状況が物語の出発点になり、フラッシュバックによって悲劇に至る過程を明らかにし、その後の空白部分を埋めつつ、その先へと展開していくことになる。

80年代半ば、ヤオジュンとリーユンは、インミンとハイイエン夫妻と同じ国有企業の工場で働き、同じ宿舎に暮らしていた。二組の夫婦には、偶然にも同じ年の同じ日に生まれた息子がいた。夫婦はお互いに相手の息子の義理の父母になる契りを交わし、息子たちは兄弟のように育った。

この80年代のドラマで印象に残るのは、彼らが働く工場の放送を通して一人っ子政策のプロパガンダが行われていることだ。それを耳にするリーユンの心は穏やかではない。彼女は第二子を身ごもり、それを夫婦だけの秘密にしていた。彼らにとって最も身近な存在であるハイイエンは、工場の副主任であるだけでなく、計画生育行政組織の指導員も務めていた。彼女が知れば、夫婦が窮地に立たされるだけでなく、彼女自身も責任を問われる。

そんな問題から二組の家族の関係がもつれだし、やがて冒頭の悲劇へと繋がり、その後の運命が明と暗に大きく分かれていく。改革開放の波に乗って豊かさを手にするものの、良心の呵責に苛まれつづけるインミンとハイイエン、息子のハオ。そして、悲劇に見舞われ、苦難を背負いながらも、ともに生きるヤオジュンとリーユンの姿には、心を揺さぶられる。

しかし、この夫婦の物語は深い感動をもたらすだけではない。そこに描かれない背景を想像してみる必要がある。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

米厚生長官が訪台へ、断交以降で最高レベル 中国は反

ビジネス

新型コロナ、都内で263人の感染確認 愛知は緊急事

ビジネス

アサヒ、今期は38%営業減益に 新型コロナで業務用

ビジネス

中国、金融緩和の強化は不要─人民銀金融政策委員=報

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国のコンテンツビジネス、ダントツの稼ぎ頭は......

  • 3

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 4

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 5

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 6

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トラ…

  • 7

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 8

    「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか?…

  • 9

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 10

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 9

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 10

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!