コラム

パレスチナとイスラエルの対立を知的なコメディで描く『テルアビブ・オン・ファイア』

2019年11月21日(木)16時15分
パレスチナとイスラエルの対立を知的なコメディで描く『テルアビブ・オン・ファイア』

パレスチナ問題を意外性に満ちたアプローチで描き出す...... 『テルアビブ・オン・ファイア』

<イスラエル出身のパレスチナ人監督が、パレスチナ問題を意外性に満ちたアプローチで描き出す知的でひねりの効いたコメディ......>

イスラエル出身のパレスチナ人監督サメフ・ゾアビが共同脚本も手がけた『テルアビブ・オン・ファイア』は、パレスチナとイスラエルの対立を意外性に満ちたアプローチで描き出す知的でひねりの効いたコメディだ。

毎日、検問を通るエルサレムに住むパレスチナ人に起きた出来事......

物語はいきなり劇中劇から始まる。間もなくそれが、ヨルダン川西岸地区の中心都市ラマッラーで、パレスチナ人が製作している連続TVドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」の一場面だとわかる。

その舞台は1967年、第三次中東戦争前夜のテルアビブ。ヒロインは、スパイとして街に送り込まれたパレスチナ人女性マナル。彼女は、同志で恋人でもあるマルワンの指示に従い、フランスから来たユダヤ人移民ラヘルを名乗ってイスラエルの将軍イェフダに接近し、戦争の機密書類を盗み出そうとする。

本作の主人公は、叔父のバッサムがこのTVドラマのプロデューサーだったことから、アシスタントとして働くことになったサラーム。彼は現場で、雑用やヘブライ語の言語指導を担当している。ヘブライ語ができるのは、彼がエルサレムに住むパレスチナ人だからだ。そのため彼は毎日、検問所を通ってラマッラーに通っているが、そこで彼の運命を変える出来事が起こる。

検問所の女性兵士に誤解を招くような質問をしたサラームは、不審者としてイスラエル国軍司令官アッシの前に引き出される。だが、咄嗟に「テルアビブ・オン・ファイア」の脚本家だと嘘をつくと、相手の態度が変わる。メロドラマでもあるこの番組は、パレスチナでもイスラエルでもご婦人方に大人気で、アッシの妻も夢中になっていた。

脚本家を知っていると妻に自慢したアッシは、検問所を通るサラームを呼び止め、将軍がもっとリアルになるアドバイスをする。そのおかげで将軍の台詞を任され、脚本家への足がかりをつかんだサラームも、アッシに頼るようになる。だが、次第にアッシの要求がエスカレートし、ついにはラヘルと将軍の結婚というどう考えても無理がある結末にすることを約束させられ、追い詰められていく。

イスラエル国内のパレスチナ人の複雑で微妙な立場

本作でまず注目したいのは、イスラエルで生まれ育ち、テルアビブ大学で学んだゾアビ監督のバックグラウンドだ。彼はアラビア語もヘブライ語も話せ、パレスチナとイスラエルの日常をよく理解している。だから双方の生活を反映させた世界を構築できるということももちろんあるが、ここでより重要になるのは、イスラエルのパレスチナ人の複雑で微妙な立場だ。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

米中が「第1段階」通商合意、関税発動猶予 米農産物

ワールド

米中の「第2段階」通商合意、複数回に分割も=米財務

ワールド

北朝鮮、衛星発射場で再び実験 米に対抗し「新兵器開

ワールド

特別リポート:ロイターの香港報道を制限、リフィニテ

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新キャラと予想

  • 2

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

  • 3

    サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存していたことが明らかに

  • 4

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

  • 5

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    習近平を国賓として招聘すべきではない――尖閣諸島問題

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    離脱強硬派ジョンソン勝利でイギリス「連合王国」解…

  • 10

    英総選挙、どっちつかずより「とっとと離脱」を選ん…

  • 1

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 2

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

  • 6

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 7

    カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ…

  • 8

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

  • 9

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 10

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 9

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!